散歩心に火がついて…

普段電車での移動ばかりで、文字通り「地に足のつかない」生活をしているためか、私は実は散歩が大好きです。

.

.

今日は稽古のキャンセルなどがあり、ぽっかりと時間の空いた1日でした。

.

ゆっくり休んで午後遅くに、細々とした買い物などをしようと近所のジョイフル三ノ輪商店街に行ったのですが、関係無いお店をぶらぶら見てまわったり、途中テレビの撮影(リリーフランキーと少年が商店街で買い物をするシーンでした)に出くわしたりしているうちに「散歩心」に火がついてしまいました。

.

三ノ輪橋からぶらぶらと南下して、根岸辺りを抜けて鶯谷駅の横を通ると、上野寛永寺に出ました。

.

そこから上野駅の公園口の横を通ってアメ横の方におりました。


上野駅越しにスカイツリーが綺麗でした。

.

.

上野から今度は不忍池のほとりを通って、上野動物園をかすめて根津方面へ。

.

言問通りに出てからは通称「へび道」と言われるくねくねした一本道を日暮里方面へ進みました。

.

.

やがて「谷中銀座商店街」に辿り着き、日暮里駅に向かいます。


日が暮れた谷中銀座は、地元の人だけが行き交う懐かしい商店街でした。

.

.

突き当たりの「夕焼けだんだん」を登って振り返ると、もうすっかり夜の谷中銀座が望めました。


.

.

そして日暮里駅を横目に見て、今度はいわゆる「日暮里繊維街」に入ります。


ここを抜けると、三ノ輪まではもう僅かの道のりです。

.

.

ここ最近は本当に身も心も地に足のつかない日々が続いていましたが、下町の何気ない暮らしを見ながら散歩して、ちょっと落ち着くことが出来ました。

雪の青森から

雪の青森から今朝何とか帰って参りました。

.

「何とか」というのは、実は今朝青森駅で停電トラブルに巻き込まれてしまったのです。

.

.

雪の影響なのかはわからないのですが、早朝に宿を出て青森駅に行くと、構内の停電で電車が始発からすべて止まっていて、タクシーで新青森駅まで代行輸送をするとの事でした。

.

しかしタクシーには長蛇の列。

新青森駅に着いた時には私の乗る筈の新幹線はとうに出発していました。

.

次の新幹線は1時間後です。

しかもその新幹線に乗ると今度は停電が復旧したとかで、青森から遅れて来る在来線を待ってなかなか出発してくれません。。

.

それやこれやで、冷や汗をかきながら水道橋の宝生能楽堂に駆け込み、何とか五雲会申合に間に合ったという訳なのです。

.

雪と寒さと停電と、最後まで気が抜けない東北巡業でした。

.

.

今回の雪と氷の写真を何枚か。


新青森駅に巨大な天然のクリスマスツリーが出現していました。

左端のクレーンの先端にいる人と比べると、大きさがわかると思います。

実はこのツリーは一本ではなく、9本の「青森ヒバ」が円形に植えられているのだそうです。

しかし雪だけのシンプルなデコレーションがとても美しく見えました。

.

.


先日のブログで書いた「雪だるま〜る」も雪を被って「雪だるま」になっていました。

.

.


居酒屋 弁慶のキャラ、弁慶君も雪に覆われて寒そうです。。

.

.



「つらら」を久しぶりに見ました。

.

次の東北は来年1月の予定です。

その時にはまた北の町の有様を色々書きたいと思います

銀杏吹雪

昨日の朝は京都大山崎の宝寺で稽古でした。

.

その稽古中に、会員さんの一人が窓の外を見て、「あら!雪⁉︎」と声を上げました。

.

しかし昨日朝は良い天気で、そこまで寒くもありません。

.

何だろうと窓外を見ると、境内の大銀杏の葉が、風が吹く度にまるで雪のように大量に散っていたのでした。

.

「花吹雪」ならぬ「銀杏吹雪」だったのです。

とても美しい光景でした。

.

.

そして昨日午後には名古屋経由で特急しなのに乗り、松本に向かいました。

.

恵那あたりから山に分け入って木曽路を信州に向かっていくと、季節が秋から冬にどんどん進んでいくのがわかります。

.

紅葉はだんだんと無くなり、途中で行く手に雪を被った木曽御岳が見えて来て、やがて松本盆地に入ると北アルプスは今回も寒々しい雪雲に覆われていました。

.

天気予報では西日本平野部でも初雪の予想で、夜になると松本はしんしんと冷え込んで来ました。

.

.

そして今朝、今度は特急あずさで新宿に向かいました。

.

ところが松本を出て間もなく、上諏訪駅で特急が止まってしまいました。

.

茅野の先で車が強引に踏み切りに入って遮断機の棒が折れたとかで、30分程立ち往生してしまったのです。

.

仕方なく本を読んで待っていると、目の端の車窓外を何か白い粒が横切りました。

.

.

昨日の「銀杏吹雪」のことがあるので、「また雪に見える何かかな?」と思って窓をじっと見てみました。

.

すると、今度は間違い無く白い雪の粒が、はらはらと舞っていたのです。

.

降っている雪を見たのは今シーズン初めてでした。

.

昨日の「銀杏吹雪」と今日の「初雪」。

.

秋の終わりと冬の始まりを体感出来た週明けでした。

.

.

.

…しかし私はまたも風邪気味になってしまいました。。

大きな舞台は一段落したので、無理せずに治したいと思います。

雪だるま〜る

昨日の月曜日は青森稽古でした。

.

事前に天気予報を見ると、昨日の青森は最高気温2℃、最低気温−3℃となっていました。

.

−3℃…。これは万全の防寒体制で行かねばと、厚着に手袋やマフラーなどを加えて、東北新幹線に乗り込みました。

.

新青森駅に到着すると、確かに寒いです。しかし予想していたので、それ程驚くことも無く青森市内へ。

.

駅前には其処此処に雪が積もっています。今シーズン初めて積雪を見ました。


雪の前にあるこのオブジェは何かと言うと、雪だるま型の灯篭で、夜には灯りがともるのです。

.

.

.


こんな感じです。

.

これは正式名称「雪だるま〜る」というのです。

ちょっと脱力系の名前ですね。

「ねぶた」と同じ製法の高さ50㎝程のだるまに、地元の小中学生が絵を描いて作ったものだそうです。

毎年冬に点灯されて、今年で7回目だとか。

.

青森の人の発想は、やはり何となく暖かくて皆を笑顔にするものが多い気がして、私はとても好きです。

.


青森港に沿ってずらりと並んでいる雪だるま〜る。なかなか壮観です。

.

昨日はまだ一部しか点灯していませんでしたが、昨シーズンに見た時は本当に綺麗でした。

.

来月の青森稽古の時にはきっと全部点いている筈ですので、また写真を撮りたいと思います。

.

.

そして先ほど、帰りの新青森駅前にて。


こちらはやはり今シーズン初の、本当の「雪だるま」です。

.

横に溶けてしまった大きな雪だるまがあり、もしかしてこの小さな方はシルエットからして「リトルミイ」で、大きなのが「ムーミン」だったのかもしれませんね。

.

.

このブログを始めたばかりの今年1〜2月には、雪の話を度々書きましたが、またその雪の季節が巡って来た訳です。

.

ブログ1周年が何となく見えて来た気がいたします。

.

それでは今日はこの辺で。

オーロラとヤンキースタジアム

昨日は久しぶりの田町稽古だったのですが、そこでとても羨ましいお話を聞きました。

.

お2人の会員さんが、それぞれアイスランドとニューヨークに行って来られたそうなのです。

.

.

アイスランドには「オーロラ」を観にいらしたそうで、見事なオーロラが観測出来たということです。

.

またニューヨークにいらした方は、7月に彼の地で生まれたお孫さんの顔を見にいらしたそうなのですが、観光も存分にされて、なんとヤンキースタジアムでヤンキースのプレーオフの試合を観戦されたということなのです。

.

.

こう見えて私は、「大自然の驚異的な景色を見ること」や「スポーツ観戦」が大好きなのです。

.

京大時代には、知床半島や屋久島、またアラスカに旅行したり、サッカー、アメフト、野球などを観戦したりしていました。

.

今でも時間さえあれば、本当はそれらのことがしたいのです。

.

自分の中での密かな夢がいくつかあり、「30代でダイビングをする」は幸運なことに叶えられました。

「40代でサーフィンをする」はちょっと厳しそうです。。

「50代で渓流釣りをする」というのが今後の夢ですが、「オーロラを観ること」、「メジャーリーグ観戦」も夢に追加したいと思います。

.

.

実現するかどうかはともかく、オーロラの下やヤンキースタジアムにいる自分を想像しつつ、今日も舞台と稽古を頑張ろうと思います。

1件のコメント

からまつをしみじみと見き

今日は先月の松本澤風会以来の久々の松本稽古でした。

.

いつものように特急あずさで新宿を出て、少しうとうとしたのですが、小淵沢辺りで目が覚めて外を見ると、鮮やかな黄金色が眼に飛び込んで来ました。

.

.


落葉松の黄葉です。

.

.

春の甲府盆地の桃の風景と同じくらい、私の好きな中央本線沿線の秋の景色でした。

.

「松」は能楽において最も重要な樹木と言って良いでしょう。

「鏡板」にもなっており、「永遠に緑であること」で「長寿」や「神性」のシンボルとして崇められて来たのです。

.

ところが日本で唯一、葉を落とす松の仲間があり、それが「落葉松」なのです。

葉が落ちてしまうのは「松」のイメージとは矛盾してしまうかもしれません。しかし私は紅葉の中でも、この落葉松の少し控え目な色の黄葉が、何とも言えず好きなのです。

.

.

「からまつの林を過ぎて

からまつをしみじみと見き

からまつはさびしかりけり

旅ゆくはさびしかりけり」

.

.

という北原白秋の詩ほど、旅情をかき立てる詩を私は知りません。

.

落葉松林の中を孤独に歩く、草履に脚絆、マントを羽織った明治大正時代の旅人の姿が眼に浮かびます。

.

.

茅野から上諏訪辺りまで、この落葉松の風景にしみじみと見入った私は、何とも言えない満足感を抱いて松本駅に降り立ったのでした。


.

.

※このホームページを管理するアプリを最新バージョンに更新したところ、文章の行間を自在に空けることが出来なくなってしまいました。

行間の幅も含めて、私の好みの文章になっていたのですが、暫くは試行錯誤で行間を管理したいと思います。

お見苦しいかと思いますが、暫しの間どうかご容赦くださいませ。

1件のコメント

落日の扇

今日もまた新幹線に乗って、東京から関西に向かいました。


途中米原辺りで夕陽が窓から眩しく差し込んで来て、やがて琵琶湖の対岸、京都東山連峰の向こうに空を赤く染めて陽が沈んでいくのが美しく見えました。



このような時に私の頭には「遠き山に日は落ちて」という曲が流れて来ます。


ドヴォルザークの交響曲「新世界より」の第三楽章のメロディで、小学生の頃戸隠山麓にキャンプに行くと毎日のように、夕焼けに赤く染まる山々を眺めながら歌ったものです。


その記憶があるからか、私は昔から「背景に山がある風景」が好きな傾向にありました。


大学で京都に来た時には、「どちらを向いても山がある!」と喜んだものです。


逆に東京では、綺麗な夕焼けを見ても「この夕焼けの向こうに山々が見えたら、もっと良いのになあ」と思ってしまうのです。



山に沈む夕陽の次に好きなのが、「海の向こうに沈む夕陽」です。


実はこの「海に落ちて行く夕陽」を描いた能の扇があります。



「負修羅扇」です。


これは能における五番立のうちの「二番目」、更にその中でも滅亡した平家の公達を描く曲のシテが持ちます。


都を追われ、最期は壇ノ浦の海底に沈んだ平家。その運命を象徴する「西海への落日」を描いた扇です。



この扇を能「兼平」に使うこともあります。源氏方とは言え、兼平は粟津が原で自害したので「負修羅」と見なすということなのでしょう。


しかしやはり「海に沈む太陽」は「平家」を象徴している気がするので、私としては「兼平」には源氏の武将が持つ「勝修羅扇」の方が合うと思うのです。



そのような事を夕焼けを見ながらつらつら考えているうちに、新幹線は京都に到着しました。



夜には香里能楽堂で「七宝会」の能「蟬丸」の申合があります。


地謡を頑張って謡おうと思います。

旅をする蝶

月曜日の京都謡蹟散策の解散後に、私は亀岡稽古に参りました。


実はその日の亀岡稽古では、密かに楽しみにしていることがありました。



8月27日のブログに写真を載せた「フジバカマ」を覚えていらっしゃるでしょうか?

この花です。


秋の七草のひとつでもあるフジバカマには、実は10月初旬にある特別な来訪者があるのです。



「アサギマダラ」という蝶です。



私がこの蝶と初めて出会ったのは、中学校の「科学部」の夏合宿で訪れた山梨県の本栖湖畔でした。


都内では見たことの無い綺麗で大きな蝶が、私のすぐ近くで逃げもせずに植物と戯れていました。


しかしその時には、このアサギマダラに非常に特殊な習性があることは知りませんでした。



アサギマダラは「渡り」をする蝶なのです。



春から夏には主に本州の高原地帯に住み、秋になると南へと移動を始めます。


そして本州から九州へ、更になんと大海原を越えて南西諸島まで渡っていくのです。


中には遥か台湾まで2000キロ以上の渡りをする個体もいるとか。


途中は海上に浮かんで休み、栄養補給はしないということです。


なので、海上に出る前に食餌を済ませる必要があるのですが、アサギマダラが蜜を吸う植物は何種類かに限られます。



このうちのひとつが「フジバカマ」なのです。



私は昨年のちょうど今頃の亀岡稽古の時、フジバカマに飛来した沢山のアサギマダラと出会うことが出来て感動いたしました。


今年も出来れば、長い長い「渡り」の途中に亀岡に立ち寄った彼らと会いたいと、密かに願っていた訳です。




ところが、月曜日は本降りの雨。


フジバカマにはアサギマダラどころか、虫の影さえ一匹も見当たりません。



「今年は会えなかったか。また来年だな…」


と残念に思いながら稽古を終えて、帰りがけにお弟子さんにその話をした所、なんと「昨日フジバカマにアサギマダラが来ていて、写真を撮っていた方がいますよ」とのこと。


更に帰りの新幹線でその写真がメールで送られて来たのです。









この先遥か南西諸島を目指す長い旅の途中で、今年も亀岡のフジバカマに立ち寄ってくれたアサギマダラです。



直接は会えませんでしたが、今も飛び続けている筈の彼らの旅の無事を祈りながら、しみじみと写真に見入ったのでした。



来年はどうか顔を見られますように。

1件のコメント

コザの町、叫ぶ人

また台風が来ています。今回は勢力が強いらしく、被害が出ないように祈るばかりです。


私自身は、今日は松本稽古なので雨模様の中を特急あずさで松本に向かっております。


つらつらと台風の経験を思い出してみると、中でも印象深いのが沖縄で遭遇した台風でした。



私は内弟子時代にダイビングの免許を取り、短い休みの時には毎回沖縄に潜りに行っていた時期がありました。


もう10年以上前のある年、近づく台風のコースを気にしながらも無事にダイビングを終えて、あとは帰るだけだと翌朝空港に行ったら、なんと私の便から飛行機が欠航になってしまいました。


日程に1日余裕を持たせていたとは言え、これは困ったことです。。


とりあえず携帯で国際通り近くに宿を確保すると、あとは夜まで何もすることが無くなりました。まだ午前10時です。



空港のバスターミナルに出て、適当なバスで終点まで行ってみようと思いました。


見知らぬ町にバスで向かうというのは、何故知らず気分が高揚します。



目に止まったのが「コザ」という行き先表示でした。


何となく米兵が行き交うエネルギッシュな町、というイメージがあります。


しかし1時間ほどバスに揺られて到着した真昼のコザは私のイメージとは全く異なり、人影まばらな寂しい町でした。


商店街も台風に備えてなのか開いている店はあまりなく、かろうじて見つけた「元祖タコライスの店」という所で美味しいタコライスをいただき、またバスで国際通りまで戻りました。



宿に入ると今度こそする事がなくなり、ベッドでゴロゴロしているとメールが来ました。


今回のダイビングで世話になった、荒くれ男のインストラクター、忍さんからです。


「飛行機どうだった?」


「欠航でした。国際通りの宿にいます。」



返信すると、今度は電話が。


「海見に行こうや」


「いやいや、危ないですって!やめましょう!」


「絶対安全な場所があるから!これから車で迎えに行くよ」と言って電話は切れました。



忍さんは、ゴマモンガラ(気性が荒い魚)の模様をデザインした名刺を持っていて、本人も何となくゴマモンガラのイメージなのです。


忍さんの車で、空港近くの大きな橋に向かいました。


橋は高い所にあるので、路肩に停めた車内から、確かに安全に荒れ狂う海を見ることが出来ます。



驚いたことに、我々の車の側で外国人男性が1人、車外に出て橋の欄干に掴まり、シャツと髪を強風にはためかせながら海に向かって何か叫んでいました。


それを見た忍さん「お前もあれやってみるか?」


「絶対いやです。」



それから夜までをどう過ごしたのか、晩御飯を忍さんと食べたのかどうか、全く記憶に残っていません。


というか、その旅はダイビングの記憶も何故か殆ど無く、寂しいコザの町と、荒れ狂う海に叫ぶ外国人だけが今も強く印象に残っている、不思議な旅だったのです。



台風のことをつらつらと考えるうちに、特急あずさは甲府までやって来ました。


重ねて今回の台風の被害が少ないことを祈りつつ。