タイムトラベルものの能

今読んでいる本は、いわゆる「タイムトラベルもの」のSFです。

.

ある機械を使うと、任意の過去へと移動することができます。

しかしその代償として、二度と元の時代には帰れず、遡った時間を二乗した年数を加えた未来へと弾き跳ばされてしまう、という設定です。

.

つまり10年前に移動すると、帰りは約100年先に跳ばされてしまうことになります。

.

.

一方私は今日は、青森稽古のために午後から東北新幹線で移動しました。

桜のほぼ散り終わった上野→正に満開の福島→まだ蕾の岩手と、SF本をめくりながらの移動だったので、自分も時間を遡っているような気分になりました。

ただし私は、せいぜい2019年春の盛りから、1ヶ月ほど前の季節への旅です。

そして明日の午後には、ちゃんと元の東京に戻っていられるはずです。

手軽で安全な東北への擬似タイムトラベルなのでした。

.

.

ちなみに能楽でも、何となく「タイムトラベル」を思わせる曲がいくつかあります。

例えば能「野宮」。

.

ワキ旅僧が嵯峨野の”野宮の旧跡”にやって来ると、何故か”黒木の鳥居”は古びておらずに昔と変わらない綺麗な状態でした。

これは、旅僧を取り囲む”場”が過去へと遡ったとも考えられると思います。

.

「野宮」の最後は曖昧に終わるので、ワキ旅僧が元の世界に帰れたのかわかりません。

もしかして僧が未来に跳ばされて、2019年の野宮神社に現れたりしたら。

物凄い数の修学旅行生や外国人観光客に囲まれて、さぞかし困惑するでしょう。。

.

それはそれで面白いストーリーになりそうだと、やはりSFに影響された思考で思ったのでした。

伊豆原木散歩2019春

今日は伊豆大仁で稽古でした。

.

大仁に向かう途中の伊豆箱根鉄道「原木」という駅の近くには、私の好きな大きな枝垂れ桜があります。

もしかして今頃が見頃かも…と期待して、少し早く家を出ました。

.

.

原木駅に着いて、歩いて10分足らずでもう枝垂れ桜のある場所に到着します。

民家に囲まれた場所にあるので、駐車場から遠慮がちに覗いてみました。

すると…

.


ガーン。

なんと既に花は完全に終わって、葉桜になっていたのでした。。

今年はこの桜とは縁がなかったようです。

.

.

しかしまだ次の電車まで時間はあったので、気を取り直して近くの「狩野川」の土手に上がってみました。

そして行ったことの無い方向に歩いてみることにしました。富士山のある方向ですが、今日は愛鷹山の向こうは厚い雲に覆われていました。

.

.

少し歩くと土手に沢山の”菜の花”が咲いていました。春らしい光景です。

.


半分ほどは”白い菜の花”でした。少しですが”薄紫色の菜の花”も混じっています。

白や薄紫色の花は、同じアブラナ科でも大根の仲間のようです。

.

.

更に愛鷹山を見ながら土手を歩いていくと、向こうから変わった人が走って来ました。

.


とても大きな直径の一輪車に乗っているのです。

ハンドルやライトのような物も付いており、かなりのスピードで疾走してきます。

これは楽しそう!いつか乗りたい!と、思わず写真を撮ると、渋いおじさんはすれ違い様に控え目に手を上げて応えてくれました。

.

.

なんだか嬉しくなって、一輪車おじさんが走って来た狩野川の支流の方に曲がってみました。

.

少し歩くと、先の方に小さな橋が架かっています。


たもとに着いて看板を見ると…

.


おお、これが「蛇ケ橋」でしたか。

源頼朝が三島大社に参拝した帰り道、大雨で増水したこの川を渡れずにいると、1匹の大蛇が現れて橋となってくれたという伝説があるそうです。

.

実はそれ以上に覚えていたのが、以前にはこの「じゃが橋」のすぐ横に外車の”ジャガー”の販売店が本当にあったという笑い話です。

そして更に「新じゃが橋」というちょっと美味しそうな看板も近くにあると聞いていたのですが、残念ながら探す時間がありませんでした。

.

.

原木駅に戻る途中、伊豆箱根鉄道の線路脇で見つけたのが…


「りんごの花」でした。

青森や長野よりもかなり早い開花だと思われます。

.

.

今日は「原木の枝垂れ桜」には振られてしまいましたが、かわりに色々面白い物に出会えて大満足の40分程の原木散歩でした。

それにしてもあの”スポーツタイプ一輪車”は気になるので、また情報を集めてみたいと思います。

花まつりの夜桜見物

毎年今頃の時期には色々な土地で桜を見るのですが、「その年一番記憶に残る桜」というのが必ずあります。

過去には大仁稽古に行く途中の「原木の枝垂れ桜」など。

.

そして今年はまだ、そんな桜に出会っていませんでした。

.

.

今日は夜から芦屋稽古で、少し早く芦屋駅に到着してしまいました。

どこかで本でも読んで時間を過ごそうかと考えて、「そういえば芦屋川の桜が見頃かもしれない」と思いつきました。

.

駅から歩いて数分でもう芦屋川です。


期待した通り桜は丁度満開で、ライトアップもされていました。

.

.


空を見上げれば切れそうな細い月が出ています。

魚は”釣針”と疑い、鳥は”弓”かと驚きそうな月です。

写真ではとても小さくて見えづらいですが、左上の角に写っています。

.

桜並木は「業平橋」のところまで続いていました。

そこで「月やあらぬ…」という業平の歌が思い出されましたが、あれは梅が咲いている頃の歌でしたね。

.

.

今日はお釈迦様の誕生を祝う「花まつり」の日でした。

花まつりの夜に満開の夜桜に行き逢うのも何かの縁かもしれません。

今年の「記憶に残る桜」は、今のところ今宵の”芦屋川の夜桜”ということになりそうです。


暮れかけの空の群青色と桜色のコントラストがなんとも綺麗でした。

奥の細道スタート地点

昨日は素盞嗚神社の「桃まつり」を見た後に、千住大橋を渡りました。

渡った地点は橋の北西詰めで、そこには小さな公園があります。

公園にはこんな看板がありました。


.

.

読んでみると、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出たのが1689年の3月27日(旧暦ですが)

とありました。

この公園訪れた日が3月25日だったので、ちょっと驚きました。

そしてせっかくなので、周囲を少し歩き回ってみました。

.

堤防を乗り越える階段があり、そこから隅田川の河原に降りられました。

.

河原にはこんなものがありました。


「全国河番付」

そして…

.

.


「全国橋番付」。

.

いずれも、「隅田川」と「千住大橋」が行司役になっていました。

確かに目の前の隅田川も、頭上に掛かる千住大橋も、どちらも大きさと風格を兼ね備えた立派な姿です。

.

.

そして、千住大橋の下を見ると、何か小さな橋がかかっているのが見えました。


京都では、平行に流れる”鴨川”と”高瀬川”にかかる橋で「四条大橋」、「四条小橋」と呼び分けられています。

しかしこちらは「千住大橋」の下を横切る「千住小橋」。

なんだか「千住小橋」を応援したくなりました。

.

.

千住小橋を潜った先には、江戸の昔に船が着いた場所という「御上がり場」がありました。

.


芭蕉も3月27日の黎明にこの辺りから岸に上がって、北への旅に出たのでしょうか。

.

.

実は恥ずかしながら「奥の細道」を読破したことがないので、今回の御縁で改めて読んでみたいと思っております。

御茶ノ水の桜、亀岡の蓑虫

昨日、別会能の申合の後に水道橋宝生能楽堂から秋葉原まで歩く途中のことです。

.

ボーッと歩いていて御茶ノ水の湯島聖堂の脇を通りかかった時、何気なく中を覗くと駐車場の奥に桜が咲いているのが見えたのです。

何人かの人が写真を撮っていました。

.

.

思えば去年の3月17日。

東京での開花宣言が出たその日に、初めてソメイヨシノの花を見たのが丁度この辺りでした。

あの桜も咲いているだろうか…

.

少し戻って地下鉄丸ノ内線の駅前で信号を渡り、また坂を下りて行きました。

聖橋をくぐって少し行ったところに、その桜の木が立っているのです。

そして近づいていくと…

.

.


やはり開花していました!

去年よりだいぶ花が進んでいます。

.

.


ビルを借景にした都心の桜。

今年も会えて良かったと満足して秋葉原に向かいました。

.

.

.

一方、今日は亀岡稽古でした。

寒の戻りで寒くなる予報でしたが、亀岡駅に降りると本当に冬のような寒さです。

亀山城のお堀端の桜を見に行くと、まだまだ蕾の状態でした。

.


東京と亀岡でこれほど季節が違うのだなぁと思いながら写真を撮っていると、面白いものを見つけました。

.

.


「蓑虫」です。

昔はよく見かけましたが、最近では激減しているというニュースを昨年読んだ気がします。

.

蓑の大きさからしておそらく「オオミノガ」だと思われました。

「蓑虫」も調べると色々興味深い昆虫です。

例えば昔の人は、この虫が鳴くと考えていたようなのです。

.

「枕草子」にも、蓑虫が「ちちよ、ちちよ」と鳴くという記述があります。

どうやらこれは”カネタタキ”という秋の虫の声を聴き誤ったもののようです。

.

.

次回の亀岡稽古では、お堀の桜も咲いていることでしょう。

そして今日のあの「蓑虫君」もどうしているか、確かめてみたいと思います。

1件のコメント

大原から加古川へ

今日は朝に大原の京大宝生会合宿所を出て、加古川能に向かいました。

.

霧のような細かい雨に煙る大原の里は、それはそれで風情があるなあと思いながら、京都バスで国際会館駅へ。

そこから地下鉄で京都駅に出て、更に姫路行きのJR新快速に乗り換えました。

あとは加古川まで1時間半弱、謡を覚える時間です。

.

.

神戸を過ぎると、普段はあまり通ることのない地域に入っていきます。

私は新快速の進行方向右側の山手の席に座っていました。

.

謡本からふと目を上げて右手の車窓を見ると、松の木が立ち並ぶ公園の景色が目に入りました。

そして何故かその景色には見覚えがありました。

ずっと昔に来たような…

.

思い出しました。

あれは京大宝生会で能「箙」が出た時のことです。もう10数年前になります。

「箙ツアー」を企画して、何人かの部員で”一ノ谷”を訪れたことがありました。

.

確かその時に「須磨浦公園」という所にも行って、それがこの車窓の景色だと思われ…

と、そこでハッと気づいて私は左側の車窓を振り返りました。

.

窓の外には、須磨の浦がゆったりと広がっていたのです。

海は東海道新幹線で熱海の辺りを通る度に見ている筈なのに、何故かとても久しぶりに海というものを見る心地がして、静かに感動しました。

.

.

更に新快速は進んでいきます。

今度は前方に巨大な橋が見えて来ました。

「明石海峡大橋」のようです。

.

能「草紙洗」で紀貫之が詠み上げる和歌

「ほのぼのと 明石の浦の 朝霧に 島隠れゆく 舟をしぞ思ふ」

が頭に浮かんできました。

.

しかし車窓には圧倒的な迫力の明石海峡大橋が、淡路島に向けて「ドドーン」という感じで伸びています。

和歌に詠まれた明石の浦の風情は、とうの昔に無くなってしまったようでした。

.

.

仕事とは言え、今日の大原から加古川への移動は何か”旅情”のようなものを感じてとても心地よいものでした。

海の良い写真が撮れたらもっと良かったのですが、天気もあって中々難しかったです。


本当はもっと青く、のたりのたりとした「春の海」でした。

隙間花壇〜遅咲きの梅と早咲きの桜〜

今日は伊豆の大仁での稽古でした。

.

午後に家を出ましたが、久しぶりの晴れ間で嬉しくなりました。

気持ち的にも、昨日澤風会郁雲会の申合が終わって若干余裕が出てきました。

.

そこで行き掛けに、これもちょっと久しぶりに自宅マンション横の「隙間花壇」をじっくり覗いてみました。


最近マンションの大規模な改修工事が始まり、「隙間花壇」の辺りに足場が組まれたりして心配していましたが、どうやら草木は無事のようです。

そして…

.

.


短い時間しか差し込まない日光を懸命に吸収して、梅の花が開いていました。

亀岡で見た一番早い梅と比べると、3週間程も遅い開花だと思います。

.

紫陽花の新芽も出ていて、ようやく「隙間花壇」にも華やかな季節が巡ってきたようです。

.

.

嬉しくなって伊豆に移動して、夜まで稽古しました。

終わって伊豆箱根鉄道の駅まで来たところで、ちょうど三島行きの電車が行ってしまいました。。

.

いつもなら残念に思うところですが、今日は次の電車までの15分で探したいものがあったのです。

駅から適当に道を歩いて、ほんの1〜2分でそれを見つけました。

.

.


民家の庭先に、早咲きの桜「河津桜」が咲いていたのです。

しかもライトアップまでされていました。

.


既に葉も出始めており、散りかけギリギリの時期だったようです。

.

.


同じアングルでフラッシュを焚くと、立体感が出て花の色が濃くなりました。

.

.

今年もまた桜に出会えたことをしみじみと幸せに思いつつ伊豆箱根鉄道に乗り込んだのでした。

“遅咲きの梅”で始まって”早咲きの桜”で締めくくる1日になりました。

春はもうそこまで

今日から全国で国立大学の入試が始まるというのに、東京は朝から中央線総武線が停電事故で止まってしまいました。

.

この事故で28万人に影響が出たとニュースでやっており、その中には受験生も大勢いたことでしょう。何もこんな日に…とやり場の無い憤りを感じてしまいました。

受験生の皆さんは様々な困難をどうか乗り越えて、最善を尽くしてほしいと祈っております。

.

.


三ノ輪の自宅マンション敷地内にある「隙間花壇」では、日当たりの悪い中でも梅の蕾が膨らんでいました。もう数日で開花すると思われます。

.

.


松本稽古に向かう中央本線の特急あずさから見える八ヶ岳は、雪がほとんど無くなりました。

.

.

春は確実にもうそこまで来ています。

.

今春京大に入学して宝生会に入ってくれるはずの人達も、今まさに試験会場で闘っているのでしょう。

繰り返しですが、受験生の皆さん最善を尽くして良い結果が出るように、心から祈っております。

春めく松本

今日は松本稽古でした。

つい1週間前の松本稽古では、駅前の気温計がマイナス4℃でした。

.

それが今日は午後に松本に到着すると…

.


燦々と降り注ぐ陽射しの中、気温計は14℃を示していました。

今年初めて”春”を感じた瞬間でした。

.

.

松本稽古場では、今日も前半にベテラン組、後半に初心者組と時間を分けて稽古をしました。

今年に入ってから稽古を始めたばかりのご夫婦は、まだ3回目にもかかわらず相当自主練をして来られたようです。

仕舞「絃上」の稽古を始めると、私の謡に合わせて地謡まで全部口ずさんでおられました。

.

そしてなんと今日もまた新しい見学の方が。

昨年末に入られたばかりの新会員さんのお知り合いで、お仕事は山岳カメラマンとのこと。

とても魅力的なお仕事です。色々山のお話を伺うのが楽しみです。

.

.

元々活気に溢れる松本稽古場が、急に新人さんが増えてまた一段と賑やかになりました。

今年の秋の松本澤風会では、新人さん達の初舞台がたくさん見られると思います。

.

.

最後に、今日駅から稽古場に行く途中で見た光景を。


「エムウイング」という公民館の前にある”松本手毬”の大きなオブジェが上下にパカリと割れて、中から何か出てきました。

.


オーケストラの人形がクルクル回って演奏しています。ホルンの音が辺りに響いていました。

1時間に一回”手毬”が開いて演奏してくれるようです。

.

いかにも春の訪れを祝福している感じでしたが、春の陽気は今日だけのようです。

明日からはまた冬に逆戻りの予報で、本当の松本の春はまだ少し先になりそうですね。

1件のコメント

“雪”繋がり

昨夜の松本稽古の後は、信州大学准教授のT氏夫妻と熱燗と絶品おでんの晩御飯を食べました。

T氏夫妻はダウンの上に更にコートの重ね着という完全防寒態勢でした。

.


一方私は普段の東京と同じツイードのジャケットにマフラーのみ、手袋も無しという格好です。

お店を出ると雪が少し舞っていました。

熱燗の酔いが醒めないうちにと素早く宿に戻りました。

.

.

そして今朝早くに宿を出ると、外は非常な寒さで昨夜降った雪がそのまま凍っています。


いつも気温を確認する松本駅前の気温計は…

.

.


マイナス4℃でした。寒い訳です。

.

.

そして8時丁度のあずさ6号で、私は新宿へと旅立ちました。

窓からは雪の田んぼと北アルプスが望めました。

.


.

.

幸いに電車の遅れも無く、11時には千駄ヶ谷の国立能楽堂に到着しました。

明日本番の国立能楽堂30周年記念公演の能「夜討曽我」の申合があったのです。

.

一昨日の名古屋宝生会での「夜討曽我」のメンバーが何人か出演していて、それぞれ全然違う役を演じていたのが面白かったです。

名古屋でシテ曽我五郎をやった人が、今日はそのシテを捕まえる縄取の役をやっていました。

.

.

申合が終わり、今度は上野に向かいました。

仙台稽古に向かう東北新幹線に乗るためです。

.

昼過ぎの東京は松本に比べるととても穏やかな気候です。

上野で昼ごはんを済ませて、「こまち」に乗り込みました。

車窓の風景を見ながら行こうと思っていたのですが、あえなく爆睡…

.

気がつくともう仙台到着のアナウンスが流れていました。

ホームに出ると、幸いに寒さは覚悟していた程ではありませんでした。

.

.

仙台駅から稽古場に行く途中には市場があり、いつも色々見ながら通るのが楽しみです。

今日は大きな”鱈”が目につきました。

.


50㎝を超える大きさの鱈が、一匹700円とか500円で買えるのですね。

鱈は身が雪のように白いことから、魚へんに雪と書くそうです。

.

.

稽古まで少し時間があったので、稽古場近くのビルの展望台に寄りました。

人が少なくて、謡を覚えるのに良い場所なのです。


30階展望台から海の方向を望んで。

夕方の仙台の空は晴れていましたが、どこからか強風に吹かれてきた雪がチラチラと舞っていました。

.

.

松本の雪から仙台の鱈まで、「雪」というキーワードで繋がった今日1日でした。