亀岡の花々〜雨露の滴る森〜

今日は亀岡稽古でした。

今月は3回目になります。

.

関西は今朝から雨が降ったり止んだりで、今の亀岡は静かな小雨です。

花々は先週ご紹介したばかりなので、今日は雨に濡れて一際濃く見える緑の写真を。

.


.


.

能「山姥」の謡はとても好きなのですが、その一節に

「海は 苔の露より滴りて 波濤をたたむ 萬水たり」

というのがあります。

一滴の露を見て、打ち寄せる大海の波を想像させるという、誠にスケールの大きな謡です。

.

.

雨の露が木々からしたたり落ちる亀岡の森を眺めていると、この露がやがて海に流れ出て、打ち寄せる大波になるという有様を実感として頭に思い浮かべることが出来ました。

.

.

今日明日の雨が過ぎると、もしかしたら梅雨が明けていよいよ盛夏がやって来るのかもしれません。

次の亀岡稽古は8月になります。

真夏の花を何か見つけることができるでしょうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です