龍田神社への短い旅 その2

竜田川駅から歩いて、竜田川に辿り着きました。


護岸工事などで整備されており、自然の風景では無いのが少々残念でした。

.

.


それでも川沿いには公園があり、「紅葉と竜田川」という共演も見る事ができました。

あと2週間もすると、もっと鮮やかな紅葉が見られることでしょう。

.

.


やがて「竜田大橋」を渡って竜田川に別れを告げます。

.

能「龍田」の前シテである龍田明神の巫女は「龍田川 紅葉乱れて流るめり 渡らば錦 中や絶えなん」と言う古歌を引いて、ワキ旅僧に竜田川を渡ることを禁じます。

しかし今日は紅葉は流れてはいなかったので、竜田川を渡っても神様のお咎めは無いと思われます。。

.

.


少し歩くと「猫坂」というちょっと童話的な名前の交差点があります。

ここを左折して旧奈良街道に入ると、「龍田の古い町並」が見られるのです。


.

.


歴史ある造り酒屋や…


宿場町の香りのする家並みを楽しみながらブラブラと歩いていくと…

.

.


「龍田一丁目」までやって来ました。

そして木々の向こうに見えてきたのが…

.

.


龍田神社です。

木製のとても趣きのある鳥居と…


やはり朱塗りではなく木の色をそのまま生かした社殿で、どこか懐かしい気持ちになる神社でした。

.

境内では驚きの出来事や興味深い物がたくさんありました。

その模様はまた明日にしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です