亀岡の花々〜夏から秋へ〜

昨日の亀岡稽古で、今年始めてツクツクボウシの声を聞きました。


空気も少し乾いて、暑さも僅かですが和らいで、いよいよ秋が近づいてきたと思いました。


亀岡には夏から秋への移ろいを感じさせる花々が咲いていました。


スズムシバナです。


ややこしいのですが、ランの仲間に「スズムシソウ」があり、そちらは鈴虫に形の似た花を咲かせるそうです。


こちらのスズムシバナは、鈴虫が鳴き始める頃に咲くので名付けられたということ。



オシロイバナと逆に、朝咲いて夕方には萎れてしまうので、写真を撮った時もちょっと元気が無い感じでした。


またこのスズムシバナは「キツネノマゴ科」に属するそうで、またしても新美南吉風な名前に興味が湧いて調べてみたのですが、「キツネノマゴ」の名前の由来は残念ながらはっきりしませんでした。


ヤブランです。


夏から秋に咲く花ですが、こちらは「キジカクシ科」だそうで、やはりメルヘンチックな科に属しているのですね。




ナデシコに似た花が咲いているなと思いましたが、これは「オグラセンノウ」というやはりナデシコの仲間でした。


なんと絶滅危惧種だそうです。


シーズン終わりの最後のひと花が見られてラッキーでした。


もう萩が咲いていると思ったら、これは「ヌスビトハギ」だそうです。萩よりも花の時期が少し早いのです。


この植物、花が終わると下のようになります。

この種子の形に見覚えはありませんか?


草原を歩いた後に、この種が服に大量に付いてしまって、取るのに苦労することがあります。



このような種を持つ植物を総称して「ひっつき虫」というそうです。なんだか今日は可愛らしい名前が多いのです。



秋の七草、オミナエシです。


ようやく能関係の花を見つけました。


能「女郎花(おみなめし)」では、この花を「花の色は蒸せる粟のごとし」と謡っていますが、確かに小さくて黄色い花は粟の粒に似ているように見えます。



ちなみに仲間の「オトコエシ」は白い花です。



こちらも秋の七草、フジバカマです。


能「善知鳥」に「間遠に織れる藤袴」という謡がありますが、こちらは本当の衣類の袴を指していると思われます。



フジバカマという植物には、実は特別な話のネタがあるのですが、それはまた回を改めて書きたいと思います。



今日はこの辺で失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です