60人の初舞台!

今日は大阪の香里能楽堂にて「枚方市能楽体験教室発表会」が開催されました。

.

午前中に大人の部、午後から子供の部の合計60人ほどが、ひと夏の間稽古した仕舞を披露したのです。

.

.

何がすごいと言って、今日舞台に立った60人全員が「初舞台」なのです。

ズラリと並んで出番を待つ生徒さんに声をかけてみました。

.

私「普段我々が出る発表会では、1人でも”初舞台”の方がいると大変おめでたいことなのです。今日はめでたさなんと60倍なのですよ!」

すると、

生徒さん「へえ〜、そうなのですか!それはギネスブックものですね!」

.

確かに1日に60人の初舞台は、私の経験した舞台では最多記録更新です。

ギネスに申請して、登録されるかは大変微妙なところですが…。

.

.

ともあれ大人から子供達まで、短期間の稽古で驚くほどの成果をあげた今日の舞台でした。

.

才能があると思う人が本当にたくさんいらしたので、この教室が今後も続いていけば、更にレベルの高い仕舞が見られるだろうと想像いたしました。

.

.

繰り返しになりますが、今回の能楽体験教室では枚方市のスタッフの皆様には大変お世話になりました。

今日も朝7時半頃から夕方まで、猛暑の中を走り回って舞台のサポートをしてくださいました。

心より感謝申し上げます。

大人向けの寺子屋能楽教室

私の日常は、大抵は予定通りに淡々と進んでいきます。

しかしやはり全く予想外の展開になる日もあります。

.

今日は先ず午前中に京都大山崎稽古でした。

朝から容赦ない暑さの中、稽古場の宝寺への坂を登っていくと、辺りの森から”ツクツクボウシ”の鳴き声が聞こえていました。

この蝉が鳴き出すと「今年の夏も終わっていくなあ」と少し切ないような気持ちになります。

.

.

大山崎稽古を終えて、今度は熊野神社近くの「ゲストハウス月と」に向かいました。

「月と 寺子屋キャンプ」という2日間のイベントに、能楽の講師として参加させていただくのです。

.

どんな子供達がいるのだろうか…

と、ドキドキしながら「月と」の玄関を開けると…

.

そこには何人かの大人と、何故か京大宝生会のメンバーが数人正座しています。

.

.

私「えーと、寺子屋キャンプの参加者の方は…」

亭主さん「こちらの皆さんです!」

.

なんと!

寺子屋というのでてっきり子供達相手の能楽教室だと思っていたのですが、大人も募集していたようなのです。

そして結果的に能楽教室には大人の皆さんだけが応募されたということでした。

.

京大宝生会のメンバーは、寺子屋キャンプの手伝いをお願いした最若手OBのO君が声掛けしてくれたそうです。

.

.

という訳で、小学生を想定したとても簡単なテキストを使って、大人と京大宝生会を相手に能楽教室を開講したのでした。

大人の参加者の皆さんには、

「今回の簡単なテキストを使って、是非周りの子供達にレクチャーしてみてください!」

とお願いしておきました。

.

.

寺子屋キャンプ終了後は、手伝ってくれた最若手OBのO君などと一緒にタコ焼き屋さんに行き、O君の壮絶な「熱々タコ焼き40個10分間早食いチャレンジ」を見届けて帰りました。


チャレンジの結果は…

言わぬが花でしょうかね。

.

.

というように、今日は全く予想外の”大人向け寺子屋能楽教室”になりました。

.

明日は枚方市能楽体験教室発表会で、大勢の大人達と子供達とともに舞台で過ごす、熱い1日になりそうです。

吉備路自転車道を歩く

今日は岡山吉備津神社の子供能楽教室に行って参りました。

.

その稽古の様子を書こうと思っていたのですが、夕方稽古を終えて吉備津神社を出たところでこんな看板に出会いました。


吉備路自転車道…!

.

.

実はこのサイクリングロードこそ、私が高校の修学旅行委員の時に「桃太郎伝説と吉備路巡りコース」というツアーコースを企画したきっかけになった道だったのです。

そういえば確かに吉備津神社のすぐ前を通っていたのでした。

.

.

折りよく、次の電車までは30分程の時間があります。

吉備津駅のひとつ隣の「備前一宮駅」まで、この懐かしい「吉備路自転車道」を歩いてみようかと思い立ちました。

.


“自転車道”と言っても、軽自動車くらい通れそうなごく普通の舗装路です。

それが田園風景の中をくねくねと続いていきます。

.


途中「はなぐり塚」という牛の鼻輪を供養する塚など、確かにかつて修学旅行で通った筈の名所旧跡を何ヶ所か通過しました。

全く見た記憶は残っていないのですが、名前だけでとても懐かしい気持ちになります。

.

そしてしばらくの間てくてくと気持ち良く歩いていたのですが、途中でふと気がつきました。

「隣の駅まで、実は結構遠いのでは…💧」

電車の時間まであと10分程しか無いのに、辺りは見渡す限りの田園風景です。

次の電車を逃すと、また30分以上待たなければなりません。

.

ペースをやや上げて「備前一宮」駅を目指すのですが、一向にそれらしい建物が見えて来ません。

「そもそも駅が小さ過ぎて、見逃してしまったのではないか…」

という恐怖も頭をよぎります。。

.

.

ようやくホームらしいものを遠くに発見した時には、電車到着まで3分。

小走りで駅を目指します。

結局昨日の秋葉原〜水道橋よりも更に物凄い量の汗をかいてしまいました💦💦

.


ようやく「備前一宮」に到着。

ホームは直射日光で炙られているので、皆さん外で電車を待っています。

.

.


ふと駅舎の横を見ると、レンタサイクル屋さんが。

そういえば、修学旅行の時には「備前一宮」でレンタサイクルを借りたような記憶があります。

もしかしてこの店だったかも…。

とまた懐かしい気持ちになりました。

.

.

そして遠くに”ガタゴト…”と電車の音が聞こえてきます。


ホームに上がると、2両編成の「桃太郎線」がちょうど到着するところでした。

.

.

結果的に30分フルに夏の自転車道を早足で歩いて、汗だくになりました。

しかし昨日の秋葉原〜水道橋と違って、何か高校時代の夏休みを駆け足で満喫したような、爽快な疲れを感じて電車に乗り込んだのでした。

2019吉備津神社子供能楽教室・開講式

今日は岡山の吉備津神社にて、子供能楽教室の開講式に出席して参りました。

この能楽教室は、去年が初開催で今回が2回目になります。

.

午前中に岡山駅で家元始め何人かの楽師と待ち合わせました。


駅前の噴水が涼しげですが、実際はとても暑いです。。

.

.

そして2両編成の「桃太郎線」に乗ってガタゴトと吉備津へ向かいました。

.

車両の内装。車窓から見える風景。

無人の吉備津駅から神社までの松並木の参道。その脇に広がる長閑な田園風景。

そしてジリジリと灼かれるような暑さ。

.

全てが1年前と全く変わっておらず、非常な既視感を覚えました。


.

.


吉備津神社に到着しました。

いわゆる「吉備津造」の壮麗な本殿ももちろん去年のままです。

その向かって右側には、子供達が仕舞と謡を奉納する舞台にもなる「拝殿」が見えます。

.

.

殆ど全てが変わらない中で、唯一去年と違っていたのが他ならぬ「子供達」でした。

人数が倍増していたのです。

.

その増え方も、

「去年お姉ちゃんの稽古を見てやりたくなった妹さん」

「去年妹さんの舞台を見てやりたくなったお姉ちゃん」

というケースが多く、去年の教室を頑張った甲斐があったと嬉しく思いました。

.

リピーターも多くて、去年見た顔とたくさん再会出来たのもまた有り難く嬉しいことでした。

.

.

これから8月の1ヶ月をかけて、それぞれが仕舞1番と、謡「高砂 千秋楽」を稽古していきます。

今年の教室がまた来年にも繋がっていくように、一層頑張って稽古して参りたいと思います。

驚くべき子供達

今日は早朝に東京を発って、「枚方市子供向け能楽体験教室」に行って参りました。

.

.

社会人向け教室には2回程稽古に行きましたが、子供向け教室の稽古は今日が初めてです。

小学校低学年の子供もたくさんいるようで、果たしてどんな稽古になるのか少々ドキドキしながら会場に向かいました。

.

朝10時前に会場に到着すると、もう何人かの子供達と親御さんが集まっていました。

.

.

1人ずつ、「鶴亀」「西王母」「高砂」…と稽古して行きましたが、なんと驚くことに稽古3回目にして型は一通りできており、シテ謡もひとりで謡える子供ばかりだったのです。

.

自分の順番を待つ間に、スマホの映像を見ながら仕舞を自主練している小さな子供を見て舌を巻きました。

この子達はどうやら、大学生や大人にも負けない程の潜在能力を持った子供達のようです。

.

.

午前中の3時間で18人、休憩を挟んで午後もほぼ同じ数の子供を稽古しました。

.

中には”ガキ大将”のようなキャラの子もいたのですが、シテ謡を謡う時は甲高い声で

「スーナーワーチー スーガーターヲー アーラーワーシーテー!」

と健気に謡うので思わず微笑んで「よしよし!」と頷いてしまいました。

.

.

考えてみれば、澤風会で何人かの子供達を稽古して来ましたが、まとめて30数人を稽古するのは全く初めての経験でした。

.

しかし、一人ひとりが真面目にきちんと稽古してくれるので、人数の割には疲労感は無く、大変充実した気持ちで最後まで稽古出来ました。

.

.

まだ本番までには何回も稽古があります。

この子達が最終的にどこまで上手くなってくれるのか楽しみです。

.

そしてまた願わくば、来年以降も継続して稽古してくれるとしたら、非常にレベルの高い稽古集団になる事は間違いないと思います。

.

将来への夢も膨らむような、嬉しい稽古日になりました。

枚方市のスタッフの皆様、本日も色々と御配慮いただきまして誠にありがとうございました。

ひらがなテキスト

昨日までの「強者4曲」の小謡本との格闘が一段落して、今日は一転してゆるゆると「ひらがな」と戯れておりました。

.

今週から岡山の吉備津神社での「子供能楽教室」が開講します。

その時に使う小学生向けの謡のテキストを、「ひらがな」で作っていたのです。

.

.

例えば「高砂」の千秋楽の謡を、節使いも含めて全部そのまま平仮名変換すると、

「せええんしうらくは たみをなで

まんざいらくには いのちをのおぶうう

あいおいのお まつうかぜ さああっさんの

こえぞお たのしむう さああっさんのお

こええぞ たのしいいむうう」

という感じになります。

.

これでもテキストにはなるかもしれませんが、少しでもわかりやすくしたいと思いました。

.

「せエエんしうらくは たみなで

まんざいらくには いのちをオぶウ…」

というように、”生み字”といわれる母音はカタカナにしてみました。

更に、強吟は”ハネる”という、音を一瞬だけ高くする技巧が多用されるので、その”ハネる”部分を太字にしました。

.

.

これでちょっと謡いやすくなったのではと思うのです。

「せエエんしうらくは たみなで

まんざいらくには いのちをオぶ

あいおいのまつウかぜ さアアさん

こえオオ たのしむ

さアアさんオ こエぞ たのしイイむウウ」

.

.

…如何でしょうか?

この平仮名で謡ってみて、違和感や改良点があればどうか御指摘くだされば有り難く存じます。

.

とりあえずこのテキストをもとに、岡山の子供達に、この夏休みに宝生流の謡を楽しく体験してもらえたらと思っております。

枚方市能楽体験教室の開講式

今日は大阪香里能楽堂にて、枚方市子供向け能楽体験教室の開講式に出席して参りました。

.

開講式には小学校低学年くらいを中心に40人ほどの元気一杯な子供たちが参加してくれました。

これから夏休みの間に、8回にわたって稽古して仕舞を一番覚えてもらい、最後に香里能楽堂で発表会をするのです。

.

.

実は平行して枚方市社会人向け能楽体験教室も開講されており、こちらも30人ほどの方が参加されています。

発表会は子供と合同なので、なんと合計70人規模になるのです。

.

.

これだけの人数を集めるのは大変なことで、企画、広報など、よほど優秀なスタッフがいないと難しいと思われます。

.

その枚方市のスタッフの皆様は、今日の子供向け教室開講式にも朝早くから5〜6人でいらしてくださいました。

開講式の流れから、足袋や扇の準備の段取りまで非常に綿密に計画されており、またスタッフの皆さんからは「この教室を盛り上げて成功させたい!」という強い情熱が感じられました。

.

.

これだけしっかりとした企画で講師の一人を任せていただいたのは大変有り難いことです。最後の発表会まで全身全霊をかけて稽古させていただきます。

そして参加した子供たちや社会人の皆さんにとって、この能楽体験教室が楽しい夏の思い出になってほしいと願っております。

子供達との夏休み

京都紫明荘組の稽古場として、最近毎月「ゲストハウス 月と」さんを使わせていただいております。

.

築100年以上の京町家を改装したこのゲストハウスで、夏休みに地域の子供達を主な対象とする「寺子屋」形式のイベントが開催されることになりました。

そしてなんとその「寺子屋」の先生として、私にも参加のオファーが届いたのです。

.

.

寺子屋の先生というと、非常に厳格であり、また何でも知っている博学の人、というのが私のイメージです。

そのイメージとは対照的に何ごともいい加減な私などに、何故白羽の矢を立ててくださったのか実に不思議です。。

.

しかし歴史ある京町家で、地元の子供達に能楽を体験してもらうというのは貴重な機会です。

せめて1日だけでも真面目な寺子屋の先生になったつもりで頑張ります。

.

.

.

今年の夏は、大阪の枚方市と岡山の吉備津神社でも子供向けの仕舞教室があります。

京都の寺子屋と合わせると、ひと夏で60〜70人の子供達に能楽を教えることになるのです。

.

子供達の夏休みの記憶に「能を経験して楽しかった!」ということが残るように、各地の教室を精一杯頑張りたいと思います。

日本女子大新歓ワークショップ

今日は午前中に五雲会申合で能「鵜飼」を舞いました。

.

そして午後からは目白の日本女子大学に移動して、「日本女子大学能楽部宝生会」復活に向けての新歓ワークショップを開催いたしました。

.

.

久しぶりに訪れた日本女子大学は、新しく壮麗な図書館などが出来ていて驚きました。

新歓ワークショップも、新図書館に隣接した、やはり真新しい学生向けのフリースペースのような建物で行いました。

.

.

このような新歓イベントを日本女子大で開催するのは初めてのことなので、色々試行錯誤でした。

申合をお客様の前で行い、申合に拍手をいただいてしまうなど…。

.

とは言え、日本女子大学の学生さん以外にも郁雲会や澤風会関係者を始め大勢の方にいらしていただいて、結果的に60人分の椅子が足りなくなる程の盛況になりました。

.

.

今回のワークショップが新歓活動としてどれ程の効果があったのか、結果が出るのは少し先になると思います。

しかし今年の経験は、来年以降により改善されたワークショップを開催するための礎になったと思います。

.

本日お越しくださった皆様どうもありがとうございました。

今後とも日本女子大学宝生会復活に向けた活動に、どうかご支援をよろしくお願いいたします。

.

そして今春から稽古を始めてくれた日本女子大新入生の皆さん。

指導する側も手探りで恐縮なのですが、きっともう少し先に歩んで行くと、色々な素晴らしい出会いや新しい経験が待っていると思います。

一歩一歩新しい足跡を刻んでいきたいと思っております。

どうかよろしくお願いします。

うれしい”ご質問”

このホームページには、今まで様々な読者の方から「お問合せ」をいただきました。

昨日もまたそのような「お問合せ」をいただいたのですが、今回はこれまでとは少々違う内容でした。

.

“能に関するご質問”という題名で、都内の高校生からの問合せだったのです。

.

その生徒さんは、以前小学生の時に夏休みの自由研究で「能楽」を取り上げてくれたそうです。

そしてそれから数年経って、今高校で伝統芸能について調べる課題に取り組んでおり、そこで再び「能楽」を、今度はより深く調べてみたいと考えたそうなのです。

.

その後に質問がいくつか箇条書きで書いてありました。

「お忙しい立場だと思いますが、答えていただけるとありがたく思います」と最後に丁寧に書いてありました。

.

.

全く接点のない私に、こうして能楽の事を質問するメールを書くのは大変な事だったと思います。

そして高校生が自発的に能楽に興味を持って調べてくれるとは、本当にありがたいことです。

.

.

先ほど新幹線に乗りながら、早速質問に対するお返事を書かせてもらいました。

.

拙い内容の回答ですが、どうか高校の課題に役立ててもらえるとうれしいです。

そして今回の課題で終わることなく、「能楽」に今後もずっと興味を持ち続けてもらいたいと願っております。