リンボウ先生の和歌の講義

今日のニュースで「歌会始」が皇居にて催されたと知りました。

歌会始で歌を読み上げる時の独特の抑揚は、一度聴いたら耳に残ります。

「変わった読み方をするなあ」と思う人も多いでしょうが、私にとってはあの抑揚はそれ程違和感を感じないものなのです。

.

というのは、謡の中で和歌を詠むシーンは割と頻繁に出てきて、その時には和歌に”節”をつけて、歌会始風にゆっくりと読み上げるからです。

私は澤風会稽古の時など、逆に「和歌を読み上げる謡は、”歌会始”のような心持ちで謡うと良いです」と会員さん達に言っているくらいです。

.

.

そういえば、東京芸大時代に和歌に関する林望先生の講義を受講した時のことを思い出しました。

試験はレポート形式で、和歌に関する事ならなんでも可、というゆるい条件のレポートでした。

ちょっと考えて、「百人一首」の何首かの歌に謡の節を付けて、それを私が歌会始風に読み上げた音源を提出したら単位を貰えたのです。

.

その講義では、「1人一首の和歌を詠む」という回もあり、15分ほど時間を与えられて参加者全員で「う〜ん」と唸りながら和歌を考えたものです。

私は結局、京大能楽部の旧BOXでのことを詠みました。

「謡ひ終へ 窓辺に寄りて 涼み居れば

北山の上を 行く夏の雲」

夏の旧BOXは本当に暑くて、エアコンなど無いので大きな窓をとにかく全開にして稽古したのでした。

.

いつか時間が出来たら、和歌を詠む勉強もしてみたいものです。

2019年松本新年会

昨日の月並能から、私の2019年の舞台が本格的に始まりました。

とはいえまだ新年会のシーズンでもあり、今日は松本稽古場の初稽古と新年会でした。

.

稽古後の新年会は例年通り「クチーナにし村」さんで美味しいイタリアンをいただきました。

なんと今日初めて稽古見学に来られたご夫婦が新年会まで参加してくださり、また稽古場が賑やかになりそうです。

ご夫婦は安曇野北部のアルプスの麓にお住まいで、森の中に御宅があって御主人は山登りが大好きだとか。色々面白そうなお2人で、これから稽古しながら色々お話しを伺うのが楽しみです。

.

この1年ほどで松本稽古場に新人さんが増えてきたので、稽古の形態を少し変えることにしました。

謡を曲を”初級者向け”と”上級者向け”に分けて、仕舞→”上級者向け謡”→仕舞→”初級者向け謡”→仕舞というように交互に稽古するようにします。

江古田もそうですが、今年は先を見据えて稽古形態を整え直す年になりそうです。

.

新人さんへの紹介を兼ねて、会員さんそれぞれ改めて稽古を始めたきっかけからの自己紹介をしていただいたりして、約10年間の歩みを振り返るような新年会になりました。

今日来られなかった方や、事故で怪我をしてしまった方などもおられたのですが、それらの皆さまもまた稽古場で元気にお会いしたいです。

松本の皆さま本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末のような新年のような

今日は江古田稽古だったのですが、大半の方は去年12月分の振り替えという微妙な稽古でした。

去年が再び帰って来たような気もしますが、しかしやはり挨拶は「本年もどうぞよろしくお願いいたします」なのです。

.

.

そして、もともと今日は人が少なめなので余裕を持って稽古出来る筈だったのですが、何故か終わりはいつもよりも遅くなってしまいました。不思議な現象です。。

.

本当はいつも今日のように時間に余裕を持って稽古したいのです。

なので今年から試験的に、田町稽古の前の水曜昼間に江古田組の稽古を何人かすることにいたしました。

“時間”というものはどうしても引き延ばせないので、今ある隙間時間をやりくりして何とか稽古時間を捻出したいと思っております。

2019年田町稽古始め

今日は一日中北風が強く吹いて、とても寒い日でした。

.

私は夕方から田町の2019年最初の稽古に行って参りました。

お仕事で少しお休みだった方や、修士論文を執筆していた韓国からの留学生なども元気に戻ってきてくれて、久しぶりにフルメンバーでの稽古になりました。

.

謡の稽古では今度の澤風会東京大会で出す予定の「氷室」を謡ったのですが、今日のような日に謡うと寒さも一入でしたね…。

鸚鵡返しをしていた頃は暑い盛りだったのをちょっと懐かしく思い出しました。

本番の3月9日には、少しは春めいているでしょうか?

.

今年の田町稽古も昨年同様に頑張って参ります。田町の皆さま本年もどうぞよろしくお願いいたします。

謎の部品…

今日は近所の大きなホームセンターに行ってきました。

.

そして色々見繕った結果、下の写真のようなパーツなどを購入いたしました。


まだ未完成なのですが、勿論能に使う何かです。

ちなみにパイプは1本が約二尺強の長さです。

.

.


この部品が今回最大の収穫で、見つけて思わず「うおー、あった〜!」と1人で喜んでしまいました。こういうのを探していたのです。

皆さまには何のことやらわからないと思いますが。。

.

パイプ寸法の微調整や足りないパーツの調達などを明日の田町稽古の前に済ませたら、とりあえずの形は出来上がると思います。

これを使う時が来たら、また皆さまに完成品を披露したいと思います。

以前に「竹生島の船」を稽古用に作ったことがありますが、今回はそれ以来の”作り物”製作になります。

完成が楽しみです…!

.

ちょっと短いですが今日はこれにて。

紫明荘組2019年初稽古

今日は京都紫明荘組の稽古でした。

今年最初の澤風会稽古、また今年初の京都になります。

.

例年京都の年明けの稽古は非常に寒く、新幹線で雪景色を見ながら京都入りすることもしばしばです。

今日も寒さを警戒して、こちらも今シーズン初めてのロングコートを引っ張り出し、私にしては厚着で出発しました。

.

しかし京都の寒さは予想していたほどではありませんでした。

今年はやはり暖冬傾向な気がします。

.

そして稽古もまたちょっと予想外で、人が少なめでした。

途中お茶を飲みながらのんびりとお話しをする時間もあるくらいでした。

年末に体調を崩したり、また風邪気味でお休みという方などいらして、やはり暖冬気味でも体調管理は難しいのだと思いました。

.

人が少ない分お一人お一人の稽古は丁寧に出来て、また私自身も正月明けからエンジン全開になるよりもむしろ良いスタートになった気がいたします。

この後田町、江古田、亀岡、松本など順々に稽古が始まります。

ギアを一段ずつ上げていって、今週末にはフル稼働の状態にしたいと思います。

第6回澤風会東京大会に向けて

今年3月9日に東京渋谷のセルリアンタワー能楽堂にて「第6回 澤風会東京大会」を開催いたします。

その番組作りに年明けから取り掛かりました。

.

今年は昨年と異なり1日だけの会なので、番組の分量はちょっと少なくなります。

しかし今回も舞囃子が10番ほど出る予定で、昨年能を舞われた方も含めて皆様それぞれ新たな境地の曲に取り組んでおられます。

また仕舞でも、例えば高校生達は「船弁慶キリ」や「野守」と言った難易度の高い曲に挑戦します。

.

そして松本の小中学生達も仕舞を舞ってくれる予定です。

「渋谷〜❗️絶対行く〜❤️」

と、なにやら舞台以外の要素で魅かれている節がありますが、勿論しっかり稽古しているので良い仕舞を見せてくれるでしょう。

.

更に京都紫明荘組や松本澤風会から、また京大宝生会の現役とOB会の方々も多数ご参加くださる予定です。

.

この「第6回澤風会東京大会」が良い舞台になるように、これから本番3月9日まで頑張って稽古して参りたいと思います。

また会のことは折に触れて書かせていただきます。

2019年初稽古

今日は江古田稽古場にて、芸大受験を控えた高校生の謡と仕舞の稽古をしました。

元日に宝生能楽堂にて「謡初め」はありましたが、私の本格的な始動は今日の稽古からでした。

.

芸大受験は謡の場合、ある曲を一曲丸ごと覚えて、試験会場でその一部を指定されて謡うという試験です。

どこが指定されても大丈夫なように、かなり細かく稽古しなければなりません。

.

しかし、そのように一曲を何度も細かく稽古するという意味は、実は芸大受験を越えたその先のために大きな意義を持つと今日感じました。

.

彼は1年前の段階では、謡本の読み方や節の謡い方も殆ど知らなかったのです。

それが同じ曲を繰り返す中で徐々に節の意味を理解していき、また「クセ」や「キリ」などの大まかな位取りなども少しずつ出来るようになってきました。

.

これから膨大な量の謡を稽古していくにあたって、今回の曲で身につけた知識が大きな助けになってくれるでしょう。

まだまだ受験までに稽古を積んで、より正確な謡を身につけて試験に臨んでほしいと思います。

一番下にあったのは…

昨日書きましたように、今日の私の最大のミッションは「机の上を片付ける」ということでした。

.

思えば1年前の年末は、翌3月に控えた「郁雲会40周年・東京澤風会第5回記念大会」の番組作りに大半の時間を費やしておりました。

なので机の上の整理整頓まで全く手が回らなかったのです。

.

おそらく2年ぶりとなる本格的な机掃除です。

上にあるものから順々に「要るもの・要らないもの」に仕分けしていきました。

それはまた今年の時間を徐々に遡っていく作業でもありました。

.

つい先日の関西宝連番組と経政の絵のチラシ→11月の京大能と狂言の会の番組とサブパンフ→10月の松本澤風会番組と乗鞍高原の地図→澤風会京都大会の番組と大山崎聴竹居のパンフレット…

と遡っていき、更に8月の岡山子供能楽教室と吉備津神社のパンフレット、松本城薪能のチラシや前座発表会番組及び松本市民タイムズの記事、3月の郁雲会澤風会の番組とパーティやお弁当など諸々の書類…

と続いていきました。

.

そして机の上の山はまだまだ残っており、去年の関西宝連や京大能狂、松本澤風会、澤風会京都大会…とまた少しずつ遡って行って、遂に一番下にはなんと一昨年平成28年春の「澤風会10周年記念東京大会」の番組が埋もれていたのでした。。

.

つまり今日1日で、ほぼ3年前までの自分の足跡を振り返ったことになります。

色々とても懐かしい番組や資料があり、この機会に整理して保存しておこうと思います。

.

.

そして机の上が見違えるように綺麗になり、非常に良い気分です。

明日はいよいよ大晦日です。

たまった本の整理などをして、あとは静かに新年の訪れを待とうと思っております。

江古田稽古場2018稽古納め

昨日は江古田稽古場での稽古納めが無事に終わりました。

.

13年前に私が講師を担当した「ジパング倶楽部謡曲教室」から続く会員さんの多い江古田稽古場は、ベテラン揃いで年齢も私の両親と同じくらいの方々がいらっしゃいます。

.

稽古納めの後の忘年会にて。

私の母親の挨拶の番になると、母は最近では口癖になっているらしく「この席ではおそらく私が最高齢になると思いますが…」

と話し始めました。ところが色んな方向から、

「いやいや私の方が上ですよ。もう90ですから!」

「私も再来年には米寿ですよ!」

などの突っ込みが入って笑ってしまいました。

ご高齢の皆さんも本当にお元気で、今年も稽古に舞台に励んでくださり、本当に有り難いことと感謝しております。

.

またつい先日稽古を始められた方のご挨拶では、「昔気仙沼のマグロ漁船に乗っていたこともあります」と伺って驚きました。

また個性的な会員さんが増えて、今後がますます楽しみな江古田稽古場です。

.

.

澤風会の2018年の稽古も昨日で全部終了しました。

年内の仕事は、来年芸大を受験する高校生の特訓が残っているだけです。

色々あった今年もいよいよ終わりが見えてまいりました。