“秋”を満喫した薪能

今日は群馬県の甘楽町にある「楽山園」という”大名庭園”で開催された「甘楽薪能」に出演して参りました。

.

午後に最寄駅の「上州福島」に到着すると、日差しがとても強くて夏の名残の暑さでした。


上州福島駅は、小さな電車の止まる小さな無人駅です。

私はこういう駅舎が何故か好きなのです。

.

.

楽山園に到着して少しすると、日が傾いて気温が急速に下がっていきました。

.

高く晴れた空には、数え切れないほど沢山のアキアカネが飛び交っています。

乾いた風に芒がたなびいて、辺りは一気に秋の景色に変わりました。

.

.

そして日が暮れると、今度は秋の虫の大合唱です。

「面白や 千草にすだく虫の音の 機織る音は きりはたりちょう」

という能「松虫」の一節そのままの風情でした。

.

薪能の演目は能「黒塚 白頭」で、こちらも秋の雰囲気にぴったりな曲です。

満員のお客様もきっと”秋”を満喫されたのではないでしょうか。

.

.

舞台が無事に終わって、またあの小さな上州福島駅に戻って来ました。

やって来た電車に乗り込むと、車内のいたるところに絵が貼ってあります。

.

これはなんの企画だろう…と思って見回すと、


「絵手紙列車」でした。

.

.


こんな絵手紙や…

.

.


こんな絵手紙。

終点の高崎駅まで、色んな絵手紙を楽しみました。

.

.

三ノ輪の家に帰って少し休んだら、明日は早朝から京都に移動して、いよいよ「第14回澤風会京都大会」です。

.

良い舞台になるように、精一杯頑張ろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です