色々重なった五雲会

今日は水道橋宝生能楽堂にて開催された「五雲会」に出演いたしました。

.

能「巴」の地謡という役目に加えて、今日は朝から色々と用事が重なりました。

.

.

能楽師を目指す若者の「楽屋入り」という重要な節目への立ち会い。

そして5月6月に連続する「関西宝連」と「全宝連京都大会」へ向けての様々な準備作業など。

.

.


上に掲載したのは、先ずは5月の「関西宝連」のチラシです。

関西宝連は「京都宝生流学生連盟」と「阪神宝生流学生連盟」の合同の組織ですが、このうち「京都宝生流学生連盟」は今回で第120回の大きな節目を迎えます。

.

それを記念して同志社大学、京都女子大学、京都大学が三校合同で能「高砂」を演ずるのです。

.

.

これに加えてまた「全宝連京都大会」のチラシなども改めて掲載したいと思います。

.

今日は短いですがこれにて失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です