ダイヤと砥石

「3月9日」という歌があって、確かPVの冒頭が卒業式のシーンでした。

卒業式というと私は東京芸大の卒業式を思い出します。

と言っても話は卒業式では無く、入学式における学長の言葉から始まるのです。

ややこしい話ですみません。

東京芸大入学式の時に学長は、短い祝辞に続いて少々意外なお話をされました。

「諸君の中で本当に才能あるダイヤモンドは1%です。ではその他の99%はどうすれば良いかと言うと、4年間そのダイヤモンドを磨く為の石になってください。」

新入生の間で小さなどよめきが起きました。

私も「うーむ」と唸ったと思われます。

聞いたままの話だと、卒業生のうちの1%しかモノにならない事になってしまいます。

では例えばお互いに切磋琢磨させる為に仰ったのだろうか…?

その場では答えが出ませんでした。4年間経ったら何かわかるのだろうか?学長の話はそれからの4年間ずっと頭の片隅にありました。

そして卒業式。

壇上で何か賞を貰っている人達を見ながら、「あの人達がダイヤモンドだったのだろうか。」と考えて見ました。客席に座っている我々は全員砥石だったのだろうか?

しかしやはり確実にそうとは言えない気もして、結局モヤモヤしていたのが東京芸大卒業式の思い出なのです。

特にオチのある話では無くて恐縮なのですが、自分は砥石なのかダイヤ成分もちょっとはあるのか、という命題はその後も今に至るまで私の中の何処かに残っています。

死後に評価される画家なども多いので、答えは生きている内には出ないのかもしれません。

しかし卒業式シーズンになると、このダイヤと砥石の命題はあの卒業式の時のモヤモヤ感と共に浮かび上がってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です