芸大へラストスパート

今年東京芸大を受験する高校3年生の男の子の稽古がいよいよ最終段階に入ってきました。

最初の実技試験まであと10日あまりなのです。

.

このところ毎日稽古していて、今日も朝から水道橋宝生能楽堂で無本でガンガン謡っていました。

無本だと無意識にスピードが早くなり、また声が若干小さめになる傾向があります。

残りの期間でそこも修正して、慌てずに全開の声で謡えるようにしてもらおうと思います。

.

.

確か一度このブログで書きましたが、以前ある能楽以外の伝統芸能の方と仕事をした時に、「朝から全力で声を出すのは喉に負担がかかるので避けたい」と仰っているのを聞いて驚いたことがあります。

私は普段、朝でも夜でも関係無くいつでも全開で謡うようにしておりますし、そう出来た方が良いと思っております。

.

.

芸大の試験もおそらく午前中から始まると思われます。

試験開始時刻がわかったら、毎日その時間に合わせて謡う、ということもやってもらおうと思います。

.

入試は何があるかわかりませんが、とにかく事前に出来る最善を尽くして、本番を迎えてもらいたいのです。

曜日が違うだけで

本日水曜日は、朝から大山崎稽古でした。

実は月曜日以外に大山崎稽古をするのは稽古場開設以来初めてのことなのです。

.

ちょっと不思議な感覚でJR山崎駅に降り立ちました。

そしていつもの踏切を渡ろうとすると、いつもよりも長く閉まっていてなかなか開いてくれません。やはり通過列車も曜日によって違うようです。

「瑞風」という初めて見る豪華列車が通過したりして、曜日が違うと色々目新しいことがあるなあと妙な所に感心してしまいました。

.

.

そして大山崎稽古を終えて、今度は東京に移動しました。

夕方前には東京に到着して、先ず水道橋宝生能楽堂に行って自分の稽古をいたしました。

その後夜の田町稽古に移動。

.

1日動いておりましたが、何故か不思議と疲れはそれ程ありません。

この行動パターンは良いかもしれないと思いました。

.

時間は作るもの、と言いますが、今年はこのように稽古パターンを考え直してより良い方法を模索していきたいと思っております。

生活を舞台だと思うこと

よく澤風会の会員さんが舞台の本番直前に、

「先生すごく緊張してます…!」

と弱々しい声で仰います。

.

そんな時は例の「本番は稽古のつもりで、稽古の時は本番のつもりでやってください!」という励ましの台詞を言うことが多いです。

.

.

しかし、私とて本当を言うと舞台前は緊張するのです。

ましてや舞台以外の日常生活の色々な場面では、むしろ気弱な性なので舞台よりも遥かに緊張したりします。。

.

.

そこで私は考えました。

「日常でこれから起こる事を舞台だと思えば、過度に緊張せずに臨めるのでは?」

そして、舞台前の気持ちを静かに思い浮かべてみると、案の定少し緊張感が落ち着くということに気づいたのです。

.

.

これから先はこのやり方で、日常生活の荒波を乗り越えて参りたいと思います。

1時間長いだけで…

今日は1日江古田稽古でした。

いつもより早く午前11時半頃から、21時前までノンストップでみっちり稽古しました。

.

普段より僅か1時間長いだけなのに、なんだかとても疲労してしまいました。

やはり体内時計が江古田稽古時間を覚えていて、そこを過ぎると急激に疲れてくるようです。。

.

明日は朝から水道橋宝生能楽堂にて「月並能」の申合があり、私は能「右近」のツレを勤めます。

今夜は帰って早めに休もうと思います。

能楽師みたい!

今日は昼から江古田稽古場で、3月9日の東京澤風会郁雲会の舞囃子の稽古をしました。

その後矢来能楽堂に移動して、夕方から2月11日開催の辰巳大二郎さんの同門会「橙白会」の申合がありました。

更にその後に夜の田町稽古にすぐに移動しました。

.

このような時には、洋服と着物を着替える時間が無いので一日中着物で行動します。

.

しかし私は普段洋服で移動や稽古をすることが多いので、先ずは江古田で「まあ先生、着物だとまるで能楽師みたい!」と言われました。。

そして矢来能楽堂での申合が終わってすぐに足袋だけ黒足袋に履き替えて「ありがとうございました!」と帰ろうとすると、「あれ、今日は珍しく着物なんだ!」と驚かれました。

更に田町稽古場に到着しても、やはり同じような驚きの反応が…。

.

.

実はこれは逆パターンもあって、先日の岩手正法寺でのワークショップでは、終わって洋服に着替えて姿を見せると「おお、先生が洋服に!」と驚かれたのです。

昨年夏の岡山子供能楽教室でも、ずっと浴衣で稽古していたのが最終日の最後に洋服で出ていったら子供に笑われました。。

.

私としては、洋服も着物も等しく着慣れているので驚かれるのがやや不本意ではありますが、この仕事をしていると仕方ないことなのかもしれませんね。

新しいリフィール

私は普段、バイブルサイズのシステム手帳を使っております。

.

リフィールは翌年3月までのもので、去年入れ替えたきりなので今年の3月分までしかページがありません。

あとは翌年分の小さなカレンダーのページに細かく書き込んでいたのですが、最近では既に今年を通り越して来年2020年の仕事の予定も入ってくるようになりました。

.

流石に書ききれないので、先週の国立能楽堂での仕事の合間に神保町の三省堂で新しいリフィールを購入しました。

そして今日ようやく古いリフィールと入れ替えて、今年の予定を大きな字で書き込みました。

手帳を入れ替えると、不思議にすっきりした気持ちになります。今後の予定もモリモリと書き加えて参りたいと思います。

.

.


そしてリフィールの最初のページには、2020年と早くも2021年のカレンダーがついていました。

.

2020年はオリンピックイヤー、そして2020年秋には京都での澤風会15周年記念大会、2021年春には東京での澤風会15周年記念大会がある予定です。

遥か遠い先だと思っていましたが、手帳のカレンダーを見て、微かに現実感が湧いて参りました。

春めく松本

今日は松本稽古でした。

つい1週間前の松本稽古では、駅前の気温計がマイナス4℃でした。

.

それが今日は午後に松本に到着すると…

.


燦々と降り注ぐ陽射しの中、気温計は14℃を示していました。

今年初めて”春”を感じた瞬間でした。

.

.

松本稽古場では、今日も前半にベテラン組、後半に初心者組と時間を分けて稽古をしました。

今年に入ってから稽古を始めたばかりのご夫婦は、まだ3回目にもかかわらず相当自主練をして来られたようです。

仕舞「絃上」の稽古を始めると、私の謡に合わせて地謡まで全部口ずさんでおられました。

.

そしてなんと今日もまた新しい見学の方が。

昨年末に入られたばかりの新会員さんのお知り合いで、お仕事は山岳カメラマンとのこと。

とても魅力的なお仕事です。色々山のお話を伺うのが楽しみです。

.

.

元々活気に溢れる松本稽古場が、急に新人さんが増えてまた一段と賑やかになりました。

今年の秋の松本澤風会では、新人さん達の初舞台がたくさん見られると思います。

.

.

最後に、今日駅から稽古場に行く途中で見た光景を。


「エムウイング」という公民館の前にある”松本手毬”の大きなオブジェが上下にパカリと割れて、中から何か出てきました。

.


オーケストラの人形がクルクル回って演奏しています。ホルンの音が辺りに響いていました。

1時間に一回”手毬”が開いて演奏してくれるようです。

.

いかにも春の訪れを祝福している感じでしたが、春の陽気は今日だけのようです。

明日からはまた冬に逆戻りの予報で、本当の松本の春はまだ少し先になりそうですね。

試験1カ月前の稽古

今日は昼から江古田稽古でした。

先週は風邪やインフルエンザでお休みの方が多く、今日も心配していました。

.

やはりお2人、風邪とインフルエンザでお休みでしたが、逆に元気になってまた稽古に来られた人も何人かいらっしゃいました。

.

.

3月9日の澤風会に向けて、田町組の方が舞囃子の稽古のためにいらしたりして、19時半頃までノンストップで稽古をしました。

そして今日はその後に、芸大受験を目前にした高校3年生を21時までみっちりと稽古したのです。

.

.

年末までの彼の稽古では、謡や仕舞を途中で一々止めて、細かく直していました。

とにかく謡や型の知識を増やしてもらいたかったのです。

.

しかしこの時期からは少し稽古の方向を変えていこうと思っています。

現在までに身につけたそれらの知識を、試験会場できちんと出し切ることができるようにしてもらいたいのです。

.

.

今日の稽古では、謡本を見ながら謡ってもらい、止めて直す回数を極力減らして最初から最後まで謡い切ることを重視しました。

「謡本を見ながら」というと、試験まで1カ月を切ったこの時期にまだ謡本を見るのか、と思われるかもしれません。

しかし彼には、せっかく頑張って勉強した謡を、出来る限り正確に試験で再現してもらいたいのです。

.

今日までは本を見てとにかく正確に、そして2月になって来週の稽古からは、本を見ずに謡う稽古に入っていきます。

.

少々間違えても一所懸命にやれば良い、という通常の舞台と異なり、正確さと結果が求められる試験会場での舞台です。

私の受験の時の経験などもフル活用して、彼が当日自信を持って試験に臨めるように仕上げの稽古をして参りたいと思います。

1件のコメント

“雪”繋がり

昨夜の松本稽古の後は、信州大学准教授のT氏夫妻と熱燗と絶品おでんの晩御飯を食べました。

T氏夫妻はダウンの上に更にコートの重ね着という完全防寒態勢でした。

.


一方私は普段の東京と同じツイードのジャケットにマフラーのみ、手袋も無しという格好です。

お店を出ると雪が少し舞っていました。

熱燗の酔いが醒めないうちにと素早く宿に戻りました。

.

.

そして今朝早くに宿を出ると、外は非常な寒さで昨夜降った雪がそのまま凍っています。


いつも気温を確認する松本駅前の気温計は…

.

.


マイナス4℃でした。寒い訳です。

.

.

そして8時丁度のあずさ6号で、私は新宿へと旅立ちました。

窓からは雪の田んぼと北アルプスが望めました。

.


.

.

幸いに電車の遅れも無く、11時には千駄ヶ谷の国立能楽堂に到着しました。

明日本番の国立能楽堂30周年記念公演の能「夜討曽我」の申合があったのです。

.

一昨日の名古屋宝生会での「夜討曽我」のメンバーが何人か出演していて、それぞれ全然違う役を演じていたのが面白かったです。

名古屋でシテ曽我五郎をやった人が、今日はそのシテを捕まえる縄取の役をやっていました。

.

.

申合が終わり、今度は上野に向かいました。

仙台稽古に向かう東北新幹線に乗るためです。

.

昼過ぎの東京は松本に比べるととても穏やかな気候です。

上野で昼ごはんを済ませて、「こまち」に乗り込みました。

車窓の風景を見ながら行こうと思っていたのですが、あえなく爆睡…

.

気がつくともう仙台到着のアナウンスが流れていました。

ホームに出ると、幸いに寒さは覚悟していた程ではありませんでした。

.

.

仙台駅から稽古場に行く途中には市場があり、いつも色々見ながら通るのが楽しみです。

今日は大きな”鱈”が目につきました。

.


50㎝を超える大きさの鱈が、一匹700円とか500円で買えるのですね。

鱈は身が雪のように白いことから、魚へんに雪と書くそうです。

.

.

稽古まで少し時間があったので、稽古場近くのビルの展望台に寄りました。

人が少なくて、謡を覚えるのに良い場所なのです。


30階展望台から海の方向を望んで。

夕方の仙台の空は晴れていましたが、どこからか強風に吹かれてきた雪がチラチラと舞っていました。

.

.

松本の雪から仙台の鱈まで、「雪」というキーワードで繋がった今日1日でした。

松本の氷の花

昨日の夜に名古屋から東京に帰って、今日は午前中に国立能楽堂にて来月17日開催の「式能」の申合がありました。

私は能「祇王」の地謡を謡い、終わってすぐに新宿から特急あずさに乗って松本稽古に移動しました。

.

先週末から冷え込みが続いていて、茅野や上諏訪辺りは雪がかなり舞っていました。

しかし岡谷からトンネルを抜けて松本盆地に入ると幸い雪は止んでおり、この隙にと稽古場の公民館に急ぎました。

.

途中にある老舗の鰹節店の前を通り過ぎようとすると、店先の路上に何やら変わったものが目に入りました。


氷の中に花が咲いています。

一辺が20㎝程の直方体です。

寒い空気の中で更に冷たそうな景色でしたが、とても冴えた美しさを感じました。

.


中の花はもしかして色付きの鰹節…?

などと想像してしまったのですが、流石にお店に入って製法を聞く事は出来ませんでした。

.

.

稽古の最中にも、入って来た会員さんが「今外は雪が降ってきました」

などと仰り、手袋すら持っていない私は帰りが不安だったのですが、幸いに私が外を歩いている時には雪には降られませんでした。

.

.

明日は昼にまた千駄ヶ谷の国立能楽堂に戻って別の申合があり、午後から今度は仙台に移動します。

真冬の仙台の模様もまたご報告したいと思います。