2019春の関西宝連無事終了いたしました

昨日になりますが、大江能楽堂にて「第120回京宝連」にあたる関西宝連が盛会のうちに無事終了いたしました。

見所は今回も、本当にたくさんのお客様で熱気に包まれていました。

.

舞台に関することも盛りだくさん、終わった後の宴会でも実に様々な出来事がありました。

今日は書いていると夜が明けそうなので、また改めて書かせていただきます。

.

特に関西宝連委員の皆さん、色々と取り仕切りお疲れ様でした。ありがとうございました。

おかげ様で素晴らしい舞台でした。

僅か2ヶ月足らずで…!

今日は田町稽古でした。

.

栃木の大学から、授業を終えて2時間かけて田町に駆けつけてくれる青年がいます。

今日約1ヶ月ぶりに顔を見せてくれました。

.

.

彼はこの3月までは京大宝生会で稽古していて、4月から心機一転新しい大学に行くことにしたのです。

そろそろ新天地の生活にも慣れてきた頃だろうか…と思っていると、彼から驚くべき話を聞いたのです。

.

「実は大学で能楽部を立ち上げました!」

え?

まだ入学して2ヶ月にもならないのに、どういうこと…⁉︎

.

「知り合いを数人集めて、顧問の先生も見つけて、今大学に申請しているところなのです!」

なんと!一体どんな知り合いが集まったのでしょうか?

.

「えーと、1人は”大和絵”が好きな人、あとは着物が好きな人、歌舞伎が好きな人、狂言を少し体験したことがある人などなどです」

.

なんとなんと、それぞれ一癖ありそうな、面白い人達ではないですか。

.

.

今後の活躍形態はこれから模索していくとのことですが、とりあえず6月15日の五雲会に何人か観に来てくれるそうです。

.

京大宝生会からいなくなってしまうと聞いた時は寂しく思いましたが、彼の行動力はむしろ新しい大学で大きく発揮されたようなのです。

私の想像の斜め上を行く展開で、非常に嬉しい驚きでした。

.

.

彼の大学の能楽部と、京大宝生会が今後交流していってくれると、また色々と面白いことが出来そうです。

私も出来る限りサポートしていきたいと思います。

.

復活への一歩を踏み出した日本女子大宝生会と並んで、令和元年に新しく歩き出したこの能楽部が、末永く続いていくことを願ってやみません。

本番を楽しみに…

京大宝生会の稽古日は毎週月曜と金曜なので、今日は稽古日にあたりました。

しかも来週末の25日には、約半年ぶりの公式の舞台「関西宝連」が控えているのです。

きっと熱い稽古が繰り広げられたことでしょう。

.

.

しかし実は私の稽古は25日の本番までもう無いのです。

先日13日月曜の仕舞稽古が「関西宝連」前の私の最終稽古でした。

.

.

過去にも私の日程の都合でこのようなことが何度かありました。

しかし京大宝生会の仕舞の場合、ある程度完成していれば、あとは自分の頭で型や足運びを考えて、よく自主練して来てくれるので、何も心配はいらないのです。

.

.

今回の関西宝連に向けての稽古でも、「よく稽古して来たなあ」と思うシーンが何度もありました。

.

2回生は、そろそろ各個人の「味わい」のようなものが仄見えて来ました。

そして私が直したところを細部まで正確に修正する力もしっかりとついて来たと感じます。

.

3回生は、今回舞囃子と仕舞が1人ずつ。

舞囃子の学生は、申合前の1週間で格段に構えと型が良くなって驚きました。しかし「相当稽古したでしょう?」と私が聞くと「いえ特にはしてません…」などと謙遜していました。

仕舞の学生は、来月の「全宝連」では”柔らかい舞囃子”、今回は”荒い仕舞”と正反対の位なので少々苦労しています。しかしこのように荒い物と柔らかい物を同時に稽古する経験もまた、長い目で見ると芸の幅を広げてくれると思います。

.

そして4回生は、全ての地謡の「アンカー」のような役目を安定してこなしてくれています。

4回生達はそれに加えて自分の舞囃子をやる人、遠くのキャンパスから授業を終えて駆けつけてくれる人、就職試験と並行しての地頭をする人など、最高学年ならではの大変さもあると思います。しかし各人とも明るい顔でがんばっているので立派だと思います。

.

.

あと1週間で更に練りに練った彼らの舞台を、25日の大江能楽堂で観るのがとても楽しみです。

.

「第120回京都宝生流学生能楽連盟自演会」

にあたる関西宝連は、

京都大江能楽堂にて5月25日11時開演です。

.

皆様どうか応援をよろしくお願いいたします。

4月病の流行も終わり…

今日は昼から京都紫明荘組稽古で、その後夕方から京大稽古に行きました。

.

京大稽古が終わると、大抵現役達と晩御飯を食べに行きます。

.

毎年4月に新年度が始まった頃には、京大近辺の店はどこも混み合っていて、「新歓時期特別メニュー」などと言って数種類限定のセットしか出さないお店もあるくらいの大変な混雑なのです。

.

.

そして連休が明けてしばし経った月曜日の今日、やはり晩御飯のお店を探して能楽部BOXから歩き出しました。

ついこの間には満席で入れなかったお店の前を通ると、なんと今日はお客さんゼロ人。

暖簾越しに暇そうな店主と目が合ってしまいました。

.

というわけで、和食の美味しいその店で10人程の現役や若手OB達と、ほぼ貸し切り状態でゆっくりと晩御飯を食べられたのです。

.

私「マグロのハラミのタタキを頼みたいね。他に何かある?」

OB「モグラのタタキはありませんかね?」

.

などとユルい会話が続き、皆の修学旅行の面白いエピソードなどで楽しい時間を過ごしたのでした。

.

.

前にも書いたのですが、京大には「4月病」というのがあり、これは4月になると授業に出たくなって大学近辺が混雑するという症状なのです。

しかしゴールデンウィークが明ける頃には「4月病」の流行も終わり、学生の数がガクッと減ってまた静かな日常が戻ってくるというのが例年のパターンです。

どうやら今年もその通りになったようで、おかげで久しぶりにゆっくりと現役達と話が出来て、うれしい一日の終わりになったのでした。

能楽師も学生もフル回転

今日は大阪の香里能楽堂にて「七宝会」が開催されました。

私は能「藤」と能「天鼓」の地謡を勤めました。

.

大阪は朝から良い天気で、初夏を通り越して「夏本番!」というくらいの暑い陽気でした。

.

.

午前中に「藤」の申合があり、午後からの本番で再び「藤」を謡って、更に「天鼓」も謡うと、流石に足が痺れてしまいました。。

.

しかも最後に謡った「天鼓」は、前シテの王伯が息子の形見の鼓を打つ場面など非常に難しく力の入る謡が多く、暑さもあって七宝会終了後はスポーツをした後のような疲労感を感じてしまいました。

.

.

しかし今日はまだまだ終わりません。

終了後に「関西宝生流学生連盟自演会」の申合があったのです。

.

水曜日に満次郎師に稽古を受けた、3大学合同の半能「高砂」と、それに加えて京大宝生会の舞囃子「船弁慶」と舞囃子「春日龍神」の申合です。

.

その申合もなんとか終わり、その後に今度は6月29、30日に京都金剛能楽堂にて開催の「全国宝生流学生連盟京都大会」の実行委員の学生達と打ち合わせをしました。

その間に舞台では、神戸大学の学生達が全宝連に出す舞囃子「小袖曽我」の稽古を満次郎師につけていただいています。

.

.

書いていて訳がわからなくなって来ました。。

とにかく能楽師も学生達も、朝から晩までフル回転だったのです。

.

.

学生達の2つの大きな舞台、

①「関西宝生流学生連盟自演会」

は5月25日土曜日11〜17時に大江能楽堂にて開催。

そして、

②「全国宝生流学生連盟京都大会」

は6月29日土曜日11〜16時、30日日曜日11〜14時に金剛能楽堂にて開催されます。

30日日曜日の15時からは、「全宝連鑑賞能」として能「船弁慶 後之出留之伝」シテ辰巳満次郎 ほか仕舞 も開催されます。

.

.

今日の学生達は、稽古に事務作業にとにかく懸命に動いていました。

それを見ていると、関西宝連と全宝連どちらの舞台も非常に楽しみになって来ました。

.

七宝会に始まり、学生達と共に暮れていく暑い1日でした。

1件のコメント

復活への第一歩

私の母親は2年半ほど前から、母校の日本女子大学構内にある和室を借りて、「日本女子大学宝生会」の復活に向けての新歓活動をコツコツとしておりました。

チラシを作成したり、先ずは職員など大人の稽古を始めて、学生に見学を呼びかけたり。

.

何度か学生も見に来てくれたそうなのですが、卒業間近の4年生だったりしてなかなか定着まではしてくれませんでした。

20数年間も途絶えていたクラブの復活は、やはり相当に難しいと思われました。

.

.

それが今春、大きな動きがあったのです。

京大宝生会の大先輩のお孫さんが、この春にめでたく日本女子大学に入学されたのです。

.

4月の終わりには母親から、そのお孫さんが友達を連れて、合計3人で稽古見学に来てくれたと聞きました。

復活に向けて、大きな第一歩だと嬉しく思っておりました。

.

.

そして昨日。

私は澤風会江古田稽古日で、普段通りに昼から江古田舞台で稽古をしておりました。

母親は例によって日本女子大に新歓活動に行っています。

.

夕方になって、いつも元気なボーカリストの方の稽古をしていると、母親が帰って来ました。

横目で見ると、母親はなにやら非常にそわそわしている様子です。

するとなんと母親の後ろから、緊張した面持ちの3人の女学生さんが稽古場に入って来るではありませんか!

.

母「見学に来てもらったの!」

聞くと3人の女学生さん達は、今日既に日本女子大で「羽衣キリ」の仕舞と謡を稽古して来たとのこと。

稽古の後に、「都営バス一本ですぐ江古田に行けるから!」と母親が強引に連れて来たようです。

.

折良く稽古場には、日本女子大宝生会のOGの澤風会会員さんもいらして、大学の建物や授業の話などで盛り上がっていました。

3人は足袋も扇も持っていて、「稽古を続けるつもりです!」と言ってくれました。

.

.

母親が新歓活動を始めて3年目、ついに「日本女子大学宝生会」が復活することになりそうです。

.

とは言え、まだクラブとして安定するまでには時間がかかるでしょう。

復活組の先輩である神戸大学宝生会の歩みなどを参考にさせていただき、なんとか人数を増やして継続していけるように、私も出来る限り手伝って参りたいと思います。

皆さまもどこかで「日本女子大学宝生会」の姿を見かけたら、どうか応援をよろしくお願いいたします。

3大学合同「高砂」稽古

今日は夜に大阪の香里能楽堂で、土曜日開催の「七宝会」の申合がありました。

私は能「天鼓」の地謡を勤めました。

.

.

その申合が終わって切戸から出ると、楽屋にはたくさんの大学生達が待っていました。

.

来たる5月25日には、「第120回京宝連」にあたる「関西宝生流学生能楽連盟自演会」が大江能楽堂にて開催されます。

そして京宝連120回を記念して、京都女子大がシテ、同志社大と京大が混合で地謡を謡う祝言半能「高砂」が演じられるのです。

.

今日はその「高砂」を、七宝会申合の後に満次郎師に稽古していただく日だったわけです。

.

京女、同志社、京大の学生達が協力して作り上げる「高砂」の舞台。

今日の稽古ではそれぞれの大学を指導する能楽師3人も、同じく協力体制を組みました。

.

同志社大を指導する山内崇生さんはワキの謡を。

京女を指導する石黒実都さんは笛の唱歌を。

そして京大を指導する私が太鼓をあしらって、総監督の満次郎師に稽古をつけていただいたのです。

.

.

結果は「大体よろしい」と満次郎師に言っていただけました。

あとは申合を経て、本番までの2週間でより完成度を高めていければと思います。

.

「高砂」以外にも、勿論京阪神各大学から多くの仕舞、素謡、舞囃子が出る今回の「関西宝連」。

皆様5月25日には是非京都大江能楽堂にお越しくださいませ。

令和最初の新入部員は…?

昨日は亀岡の「大本みろく能」の後に京大宝生会稽古に向かいました。

.

連休中なので帰省している部員もいるだろうと思いました。

しかし来週には「関西宝連」の舞囃子「船弁慶」と「春日龍神」の申合もあるので、何とかいる部員だけでも稽古したいと思ったのです。

.

.

蓋を開けてみると、なんとほぼ全員参加でした。

半数は「大本みろく能」に新入生を誘って観に来てくれて、終わってすぐに京大に戻って来た部員達です。

.

稽古を始めたところで、今度はゲストの方々がやって来られました。

松本稽古場で今年から稽古を始めたばかりのご夫婦です。

かねてより「京大宝生会の稽古を是非見学したい」と仰られており、今回はご夫婦での京都旅行の1日を、やはり「大本みろく能」の鑑能と「京大稽古見学」に充ててくださったのです。

.

.

にこやかにご覧になっておられるご夫婦の前で稽古を再開しました。

するとまた驚きの事態が。

.

「今日は授業は無いけれど、一応新歓に行って来ます」と言って時計台の方に向かった部員が、新入生見学者を連れて戻って来たのです。

京大は連休など全く関係無いようでした。

その後さらに自分からBOXを探して来てくれた新入生見学者も1人加えて、むしろ普段より賑やかな稽古になったのでした。

.

.

今年は京大能楽部全体的に新入生の入りが少ない状態です。

宝生会も5月にも様々な新歓イベントを用意して、新入生の入部を待っているのです。

自分の稽古や勉強などもある中で、現役達は本当に頑張っています。

.

昨日は見学者2人に「熊野」と「船弁慶」の仕舞を少し稽古して、稽古後には2人も連れて部員達と晩御飯に行きました。

料理を注文して、「僕は来週も稽古に来るので是非また稽古の続きをしましょう!」と話したところで最終新幹線のリミットが来てしまいました。

あとは部員達に任せて、車に飛び乗って京都駅に向かったのです。

.

次に入部する人は「令和最初の新入部員」ということになります。

来週の稽古でその記念すべき部員が誕生することを、心から祈っています。

2019年度最初の新入部員!

今日は昼前から、京都の北文化会館にて紫明荘組の稽古でした。

.

ひと月半ぶりの人、2ヶ月ぶりの人、また半年ぶりの人がたまたま揃って、沢山の話題で盛り上がっておられました。

私はひたすら稽古で会話に入れずいたのですが、この先の紫明荘組はまた一層賑やかになりそうで、嬉しく思って聞いておりました。

.

.

そして夕方に終えて次は京大宝生会へ。

能楽部BOXに入ると、宝生会のホワイトボードの「新入生」の欄に1人の名前が。

.

そうです。先週金曜日についに2019年度最初の新入部員が入部してくれたのです!

.

これは正に「雨にも負けず 風にも負けず」に時計台前で新入生に声掛けを続けたり、様々な新歓イベントを重ねて来た、新歓委員を始めとする現役部員の努力の賜物です。

.

.

18時半頃にその新入部員がBOXに入って来た時には、他にも3人の新入生見学者が来てくれていました。

見学者を含めて4人で基本的な型を稽古して、その後仕舞「紅葉狩」の前半も稽古しました。

.

毎年のことながら、新入部員に「紅葉狩」を教える時は「また新しいシーズンが始まったのだなあ」と感慨深い気持ちになります。

.

次に入部した人は「熊野クセ」を、更に次の入部者は「船弁慶クセ」を稽古することになります。

.

新歓ももうかなり長い期間になり、現役達は今頃が一番疲れてくる時期だと思います。

なんとかこの努力が報われて、「熊野」と「船弁慶」の人が入ってくれることを切に祈っています。

.

現役さん達、もうひと息どうか頑張りましょう。

色々重なった五雲会

今日は水道橋宝生能楽堂にて開催された「五雲会」に出演いたしました。

.

能「巴」の地謡という役目に加えて、今日は朝から色々と用事が重なりました。

.

.

能楽師を目指す若者の「楽屋入り」という重要な節目への立ち会い。

そして5月6月に連続する「関西宝連」と「全宝連京都大会」へ向けての様々な準備作業など。

.

.


上に掲載したのは、先ずは5月の「関西宝連」のチラシです。

関西宝連は「京都宝生流学生連盟」と「阪神宝生流学生連盟」の合同の組織ですが、このうち「京都宝生流学生連盟」は今回で第120回の大きな節目を迎えます。

.

それを記念して同志社大学、京都女子大学、京都大学が三校合同で能「高砂」を演ずるのです。

.

.

これに加えてまた「全宝連京都大会」のチラシなども改めて掲載したいと思います。

.

今日は短いですがこれにて失礼いたします。