たった1500m…?

昨日のブログで「中国では春節には30億人が大移動します」と書いたら、「13億人の間違いでは?」とのお問合せをいただきました。

.

すみません説明が足りませんでした。

「延べ人数で30億人」が確かに大移動するそうです。

しかしやはりこれはある意味で不可解な数字です。

.

仮に中国の全人口が電車で往復しても26億人の筈なのです。

1人で何度も移動する人もいるという事でしょうか…?

.

因みに能楽で中国を舞台とした曲の中には、やはり荒唐無稽としか言いようの無い表現がよく出て来ます。

その最たるものは能「咸陽宮」だと思います。

.

「そもそもこの咸陽宮と申すは、都の周り一万八千三百余里」と謡われていますが、キロに直すと約8万km。

これは地球2周分になってしまいます。

「内裏は地より三里高く」。つまり標高差12000m。言うまでもなく、地上最高峰エベレストは標高8848mです。

.

それは幾ら何でも盛り過ぎだろうと思っていたら、実は中国の一里は500mなのですね。

なんだそれなら高さはたった1500mじゃないかと一瞬思ったのですが、考えたらスカイツリーの高さが634mでした。やはり咸陽宮、あり得ない高さです。。

.

しかし春節の延べ30億人大移動が現実の事である以上、能楽における荒唐無稽な描写もあながち否定できないような気がして参りました。。

旧正月の神事

今日から2月になりました。

.

日本の旧正月、中国で言うところの春節が近づいたということで、中国では帰省ラッシュが始まったそうです。

中国の帰省ラッシュは、鉄道で「30億人」が移動すると聞きました。

30億人の大移動。全く想像が追いつかない数字です。。

.

「旧正月」の日付は毎年変わるようで、何回聞いても覚えられないのですが、アジアの多くの国々などではこちらの旧正月の方を盛大にお祝いするのですね。

1月1日は世界共通のお正月だと、子供の頃は疑いも無く思っていたのですが、正に「井の中の蛙大海を知らず」だった訳です。

.

そして日本でも明治維新前までは旧暦で正月を祝っていたのです。

前にもちらっと書きましたが、能楽の中にも「旧正月」が重要な要素となる曲があります。

北九州門司にある、関門海峡に面した「和布刈神社」において、旧暦大晦日から旧正月の未明にかけて行われる秘密の神事を描いた「和布刈」という曲です。

.

この曲は現在では新暦に合わせて12月に演じられることが多い曲です。

.

しかし現在も続いている「和布刈の神事」は、実は毎年旧正月の未明に行われているのです。

今年の和布刈の神事は2月15日夜から2月16日未明にかけて行われるそうです。

なので、本当は2月の舞台で演じられても良い曲だと思います。

.

因みに、読み方が難しい曲のひとつです。

和布刈。どうか調べてみてください。

どうしても解らない方は、お問合せフォームでお問合せくださいませ。

1㎞を30分かけて歩くこと

東京に33年振りの低温注意報が発令されたと携帯ニュースで読みました。

33年前というと私が中学生の頃で、実はその年の寒かった冬には思い出があるのです。

.

確かその冬の東京には今年どころではない大雪が降って、積雪が40㎝くらいになったことがありました。

道路一面が厚い雪で覆われて、車はチェーン、自転車は走行不能です。

.

私の中学校の校庭も勿論一面の銀世界になりました。

毎日昼休みには校庭で遊ぶのが楽しみだったのですが、その日の4時間目が終わると校内放送がありました。

「今日は東京地方では珍しい大雪で、校庭に40㎝ほど積もっています。」

声は、理科の菊地先生の声でした。私の所属する科学部の顧問の先生でもあります。

.

私はそこまで放送を聞いて、当然「今日は昼休みに校庭に出るのは禁止します。」と続くと思いました。

ところが続けて菊地先生は、「このような機会は滅多にありません。皆さん是非校庭に出て遊びましょう!」と仰ったのです。

.

一瞬教室が静まりました。皆私と同様に、言葉の意味を咀嚼するのに少し時間がかかったのです。

やがて皆一斉に「おお〜‼︎」と歓声を上げて、校庭に飛び出して雪合戦や雪だるま作りを始めました。

後にも先にも、都内であれ程の雪遊びをした経験はありません。

.

菊地先生には、色々な大切なことを教えていただきました。

毎年夏に本栖湖畔であった合宿では、我々科学部は昆虫採集や山野草の標本作り、野鳥観察などをする為に毎日野原を歩きました。

その時に菊地先生は「1㎞30分のペースで歩こう」と指示されたのです。

.

これは相当にゆっくりしたペースです。

しかし、辺りの自然を観察して何か目についたものを皆に知らせ、一緒に観察するには丁度良い速さだったのです。

.

私が今でも道を歩く時に、つい辺りを見回して面白い物事を探してしまうのは、この頃に身についた習慣だと思われます。

1㎞を30分かけてのんびり歩くことは、めっきり少なくなりましたが…。

.

今日は全く能楽に関係無いお話でした。

偶にはこんな日もあると御容赦くださいませ。

成人式の頃

今日は成人の日だったのですね。

しかし私は終日京都の稽古だったので、新成人らしい格好の人を見ること無く終わりました。

.

.

私の成人式は遠い昔の話ですが、かすかに覚えております。

.

練馬区民だった私は、「豊島園」という遊園地での成人式でした。

江古田駅から豊島園行きの西武池袋線に乗ると、如何にも新成人らしい若者たちが沢山乗っています。

.

不意に「澤田くん!」と声をかけられて振り向くと、全然知らないキラキラした女性がいました。

こんなキラキラした知り合いがいたかな?と一瞬怪訝な顔をすると、女性は「開三中の○○です。覚えてる?」

なんと、振袖姿の中学校の同級生だったのです。

.

同級生の女子はそれから豊島園でも何人か見かけましたが、ほぼ例外無く一目ではわからない程に綺麗に着飾っていました。

.

一方で男子は、「おお!お前全っ然変わらんなあ。ちょっとは成長しろよ!」と声を掛け合う程に、代わり映えのしない奴らばかりでした。。無論私も含めて。

.

.

成人式の頃は、私は大学一回生でした。

京大宝生会にもまだそこまでハマっておらず、将来は森や自然に関わる仕事がしたいと漠然と考えておりました。

.

椎名誠さんや、カヌーイストの野田知佑さんの本を読んでは、1人で山を歩いたりキャンプをすることに最大の喜びを感じていました。

あれから色々な事があって、思えば遠くへ来たものです。

.

.

.

今日成人式を迎えた皆さん、本当におめでとうございます。

人生を強引に京大宝生会四年間に例えてみると、新成人の皆さんはまだ一回生が終わった辺りですかね。

これまで稽古したのは基礎的な型や謡で、これからいよいよ自分のやりたい曲を、どんなに難しくても頑張って稽古していくのでしょう。

.

…そう考えると、私は現在三回生の半ばくらいに相当します。

良い最上級生になれるかどうかは、今頃の稽古にかかっている訳ですね。

新成人の皆さんに負けないように、頑張らなくては。

1件のコメント

七草の日

今日1月7日は五節句のひとつ「人日の節句」にあたる日で、「七草粥」を食べる慣わしがあります。

.

考えてみれば、私はもう長いこと「七草粥」を食べておりません。。

しかし京大宝生会現役の頃は、毎年1月7日に小川芳先生のお供をして亀岡の大本本部に「七草粥」をいただきに伺っておりました。

.

お正月前後は普段にも増して不摂生をしていましたので、7日に食べる七草粥は如何にも胃に優しく感じられて、また数々の掛け軸や焼き物やお花などを拝見して、心身共に健康になっていく気分になったものです。

.

.

能には「七草粥」は出て来ませんが、「七草」という言葉が出て来る曲はあります。

.

少々意外な曲「求塚」です。

.

曲の冒頭、早春の野原に可憐な菜摘乙女が4人登場して、華やかに「春の七草の若菜を摘みましょう」と謡うのです。

.

そこから暫くの間は、乙女達が旅の僧と会話をしたり、菜摘み唄を歌ったりと、一見長閑なシーンが続きます。

.

ところがこの曲は前半のロンギという部分を過ぎた途端に、3人の男女の哀しく凄惨な悲劇へとガラリと変貌してしまうのです。

.

爽やかな七草摘みの光景を、その後の地獄の有様との対比として使ってしまうとは、随分思い切った演出だと思います。

.

「求塚」は非常に難しく、大切に扱われる奥伝の曲ですので、私のような若輩者があまり長く話すのは憚られます。

しかしひとつ思い出した話があります。

.

以前に読んだ、森田流笛方で京大宝生会OBでもある故帆足正規先生の文章に、ご自身が能楽に惹かれたきっかけについて書かれていました。

それは終戦直後の高校時代に、名人野口兼資師の能「求塚」を観たことだそうなのです。

.

映画や舞台などを片端から観る毎日を過ごしていた帆足青年は、ある日殆ど予備知識も無く、初めての能「求塚」を観に行きます。

そして後シテが地獄へと真っ逆様に落ちていくシーンの野口師の型を見て「大地に引きずり込まれていくような力に圧倒され」、そこから正に能楽の世界へと惹き込まれてしまったということです。

.

.

「求塚」は特別な舞台でしか出ない大曲ですが、もしチャンスがあれば是非一度ご覧くださいませ。

帆足先生のように、人生が変わる程の経験が出来るかもしれません。

.

今日は「七草」に纏わることを、思い出すままにつらつらと書かせていただきました。

万歩計アプリによると…

普段から皆様に「健康には気をつけて」と言われているのですが、とりあえず「歩くこと」と「階段を使うこと」くらいしか健康に繋がる事をやっていない私です。

.

「歩く」というのは運動とも言えないような単純なことですが、歩くことにも色々利点があります。

・体調が整えられる。

・足腰や心肺機能が鍛えられる。

・渋滞や遅延に関係ないので、精神的ストレスも無い。

・街中で面白い出来事に出会う可能性が高い。

などなど、私のような「散歩が好きな能楽師」にとっては、歩くことは正に良い事ずくめなのです。

.

.

更に私の携帯には「万歩計アプリ」が付いており、これがまた丁度良い達成感を与えてくれます。

.

因みに昨年1年間で私は、

・一日平均8003歩歩いて、

・一日平均17階分の階段を登り、

・一年で約2200㎞移動して、

・最高で1日23278歩歩いた

ことになるそうです。

.

これが多いのか少ないのかは判然としないのですが、自分の足で約2200㎞程歩いた中で、昨年の色々な経験があったと思うと感慨深いものがあります。

.

この「歩くこと」に関しては、出来れば去年の記録を更新することを今年の目標にしようと思っております。

結果は来年のお正月のブログにて。

初夢と初詣

今年の初詣は、年末にブログに書かせていただいたご縁で素戔嗚神社に行こうと思い立ちました。

.

神社に近づくと、軽快なお神楽の音が聞こえて来ました。

しかし境内から道路にまではみ出す長い参拝客の列が出来ています。。

.

普段行列に並ぶのが本当に苦手な私は、ここであえなく挫折しそうになりました。

.

しかしその時、境内に「獅子舞」の姿が見えたのです。

.

参拝客は頭を噛んでもらい、子供たちは怖がって泣いたりしています。

.

これは並んででも是非近くで獅子舞を見て、頭を噛んでもらいたい!と思い、行列に並びました。

.

しかし、行列が暫し進んだところでお神楽が止んで、獅子も何処かに行ってしまいました。。

周りの人たちも「獅子舞は勤務時間終了かしらね〜」とちょっと残念そうです。

.

写真を撮る間もなかったので、私もとても残念に思いましたが、拝殿までもう少しです。


日本晴れの空の下、柏手を打って参拝するのは大変清々しい気分でした。

.

.

ところで、昨夜から今朝にかけて見る夢が「初夢」になるそうです。

.

能「邯鄲」のシテ盧生のように五十年分のリアルな夢を見る程では無いにしろ、私も普段結構現実感のある夢を見ることがあります。

例えば食べ物の夢など見ても、ちゃんと夢の中で美味しく味わって食べ終えることが出来たりするので、そんな嬉しい夢が見られないかと期待して眠りました。

.

そして見た初夢は…

.

どこかの稽古場で稽古しているのですが、絶対に終わりそうにない人数の会員さんがいらして、「どうしよう終わらん…」と焦りながら稽古している夢でした…。

.

思えばこういう「夢の無い夢」もよく見る私なのでした。

皆様はどんな初夢をご覧になりましたか?

今日はこれにて。

1件のコメント

新年のご挨拶

おかげさまで無事に新しい年を迎えることができました。

.

昨年も色々なことがありましたが、多くの皆様にお世話になりながら何とか乗り切ることができました。

皆様誠にありがとうこざいました。

.

.

新年にはよく「今年の抱負」を聞かれたりします。

.

大体の人が「新しいことを始める」「何か新たな目標を立ててそこに向けて努力する」と言った前進的な答えをするでしょうし、聞く方もそれを期待しているはずです。

.

しかし、能楽においては「変わらないでいること」も大切だと思うのです。

.

私は今年も変わらずに各地の稽古場を巡り、変わらない内容で稽古を重ねて、舞台も変わらず頑張って勤めて参ります。

.

その先に「進歩」や「上達」があると信じております。

.

.

このブログも、「書き始めた以上、変わらずに書き続けよう」と思いながら何とか1年が過ぎました。

本当にネタが尽きるまでは、変わらず毎日書いて参りたいと思います。

.

.

皆様どうか本年もよろしくお願い申し上げます。

1件のコメント

日が暮れる里にて

今日は郁雲会の番組作成作業をずっとしておりました。

.

夕方に気分転換しようと今年最後の散歩に出ると、近所にこんな名前のマンションを見つけました。


マンションとしては珍しい名前だなと思ってしばし考えてみると、はたと気がつきました。

私の家の住所は「東日暮里」です。

「日が暮れる里」→「サンセットビレッジ」

なのですね。

.

ちょうど夕方の鐘と「夕焼け小焼け」のメロディが流れて、今年最後の日が沈んでいきました。

.

しかし「日暮里」の語源を調べたところ、「日がな一日を暮らしても飽きない里」ということで江戸時代に名付けられたそうです。

今は静かな住宅街が大半を占める日暮里ですが、江戸時代にはよほど栄えていたのでしょうか。

.

.

ともかく、この太陽が次に昇って来る時には平成30年になっているわけです。

.

皆さま今年も本当にありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

静かな年の暮れ

今年もあと2日になりました。

.

今日は家の掃除や、溜まった本を整理して要らないものを近所の古本屋に持って行ったり、細々とした年末年始用の買い物をしたりと、能には殆ど関係のないことばかりで暮れた1日でした。

.

.

思い出してみると、内弟子の頃は確か12月30日に宝生能楽堂前で餅つきをしていました。

.

つきあがった餅を小分けにして、車で色々な所に配りに行ったり、慌ただしい1日だった記憶があります。

.

餅つきに加えて、内弟子部屋や更衣室を始め宝生能楽堂各所の大掃除も30日と31日にやっていて、我々内弟子はこの2日間はてんやわんやで右往左往していました。

.

あの頃と比べると、本当に静かに年が暮れていきます。

昨日と比べても、あの東京駅の喧騒が嘘のように穏やかな三ノ輪辺りでした。

.

遠出する予定は無く、家にはテレビも無いので、年末年始は静かに本など読んで過ごしたいと思います。