面白写真〜2018夏秋〜

久々の旅先での面白写真です。

まずは居酒屋さんから。


三島にて。

ご主人が神主さんとかでしょうか…?

メニューもきっと面白そうです。この日は昼間だったので閉まっていましたが、機会があれば夜に行ってみたいと思います。

.

.

.


パワースポットの次は”異空間”と来ました。

松本にて。

しかしこの料金設定は大丈夫なのでしょうか…。

.

.

.


ここはやはり昼間で閉まっていたのですが、能面と関係があるのか聞いてみたいものです。

.

.

.

次は青森にて。


この高さ4m程の梅沢富美男さんが”かかし”なのだそうです。

これが田んぼに立っていたら、カラスならずともビックリするでしょう。。

.

.

.

JR京都線の車内にて。


京都水族館の11匹のペンギンの中から”推しペン”を選ぶ企画です。

こういうセンスは大好きです。

京都生まれのペンギン達の名前が、「しじょう」「てら」「まる」「たけ」など通りの名前なのもまた良いです。

しかも調べたら、東京のすみだ水族館との共同企画で、すみだ水族館でも同様の超選挙をやっているようです。時間があれば行ってみたいものです。

.

.

.

最後は京都の路地にて。


窓に人形が並んでいるな…と思って通り過ぎようとしたら、

.

.


本物が混じっていました。

.

.

今日はこれにて失礼いたします。

1件のコメント

面白写真〜6月7月〜

今日は午前中から、先週豪雨で延期になった芦屋稽古がありました。

.

稽古場である市民センターに到着すると、入口横にこんな看板が…

.

おお、さすが芦屋です!

しかしメニューを覗いてみたのですが、「業平ランチ」とか「業平パフェ」などは無く、もうひと頑張りだなと思いました。。

.

またその市民センター近くにはこんなマンションが…..芦屋セゾン業平。

芦屋公光と在原業平がフュージョンした感じで、なかなか心を撃つネーミングセンスです。

.

.

そう言えば、最近写真を公開していなかったので、実は何枚かたまっているのです。

この機会に公開させていただきます。

.

…先ずは

青森にて。

義経が龍飛岬から北海道に渡った伝説があるのでしょうか。

いくつかあるコースで気になるのが「ひよどり越えコース」です。

まさかとは思いますが、コースの最後は崖の逆落としかも…!

誰か参加してレポートしてほしいです。

.

.

次も同じく青森にて。

.

昭和の香り漂う古い横丁にありました。

まだ陽の高いうちからやっているスナック「胡蝶」。

どんな「胡蝶」さんがいるのかは、勇気が無くて確認出来ませんでした。

.

.

次は奈良にて。

.

うどんと「鶴亀」の関連は面白いのですが、そこに何故「恋占い」要素が結びつくのか謎です。。

「狐うどんに矢」だと、むしろ「殺生石」では…?

.

.

最後は巡回公演で行った長野にて。

.

これまで「アルプス正宗」「スキー正宗」という日本酒は見たことがありましたが、こちらは更にパンチの効いたネーミングです。

「オバステ正宗」。。

「正宗シリーズ」には、もしかするともっと色々面白いバリエーションがあるかもしれませんね。

.

.

今日はこれにて失礼いたします。

.

.

.

…おまけです。池袋にて。今非常に空腹なので、宿に荷物を置いてから、この看板のようなお店を探そうと思います。。

今年も「ねぶた」見学

毎年8月2〜7日に開催される青森の「ねぶた祭」

.


今日青森稽古で新青森駅に到着すると、大きなポスターが貼ってありました。

.

.

昨年「ねぶた大賞」をとったのは、下の「紅葉狩」だったようです。


.

.

昨年はねぶた製作を見学しに行ってブログに書きました。

しかし今日は昨年の稽古よりも時期がかなり早い上に、昼間に仙台稽古をしたので、青森に到着したのが18時頃になってしまいました。

.

もう見学は難しいだろうと思いながら、一応アスパム横のねぶた製作所、「ラッセランド」に急いで行ってみました。

.


案の定、既にどこの巨大テントも幕が閉じられて中が見えません。。

.

諦めて帰ろうかと思いましたが、まあ念の為と思ってラッセランドをぐるりと一周することにしました。

すると…

.

.


一箇所、幕に作られた小窓が開いているテントがありました!

中には色付け途中のねぶたが。

この段階でも中々の迫力です。

.


頑張って窓から覗くと、奥には悪そうなねぶたが見えます。鬼でしょうか?

何となく「大江山」か「羅生門」かな…と思い、とりあえずねぶたを1つでも見られたので半分満足して、更に先に行ってみました。

すると…

.

.


ひとつだけ人が出入りしているテントがあり、入口には上のような貼り紙が。

なんとなく、可愛らしいねぶたを作っていそうなテントです。

.

.

「こんにちは〜」「おじゃましま〜す」と声をかけると、中から「どうぞ〜」と優しい声が。

一歩足を踏み入れると…

.

.

.

.

.

.

.


うわぁ!

いきなりど迫力の虎ねぶたが!

顔だけで私の背丈ほどあります。

こんな至近距離でねぶたを見るのは初めてです。

.

.


このねぶたは「鐘馗」という題名だそうで、虎の横には色付け前の鐘馗様が奥に見えて、今は手前の鬼を製作中でした。

.


製作中のお兄さんが鬼に襲われているようにしか見えません。。

.

.

虎の横には、こんな貼り紙が。


「ちょせばまねはでな‼️」

何のことか全く理解出来ません…。

「これはどういう意味ですか?」

と聞くと、

「触ったら駄目だよ‼️」という意味の津軽弁だそうです。

.

.

今回も僅か10分ほどの駆け足ねぶた見学でしたが、色々大満足して宿に急いだのでした。

面白看板 〜居酒屋編〜

無賃乗車のことを「薩摩守」という人は、今はもう殆どいないのではないでしょうか。

.

これは「無賃乗車」→「タダ乗り」→「ただのり」→「忠度」→「薩摩守」

という、能「忠度」を知っている人ならば「なるほどね」とニヤリとする連想です。

.

前にも書いた気がしますが、日本人はこういった駄洒落が実に好きな民族なのだと思います。

.

.

先日大阪のある町で、下のような看板を見つけました。


これは、「雄鶏屋」→「おんどりや」→「おんどりゃ〜!」

という大阪ならではの駄洒落ですね。

しかも焼き鳥屋さん限定のネーミングかと思ったら、すぐ近くに下のような看板が。

.

.


「海鮮踊り食い」の「踊り」をとって「踊り屋」→「おどりや」→「おどりゃ〜!」

.

.

「おんどりや」も「おどりや」も、河内弁(?)を駆使したネーミングセンスが光ります。

.

.

一方で、こういった駄洒落をあまり使わない土地もあるのです。

先日信州松本で見かけた居酒屋さんの名前は…


「おさけや」

.

.

そして「おさけや」の近くの海鮮居酒屋さんの名前が…


…。

実直で素直な町・松本らしいネーミングですが、ここまでストレートだと逆にツボに入って笑ってしまいました。

.

.

.

実は今日の投稿にて、このブログが第500回の節目を迎えます。

ここまで続けられたのは、皆様からの暖かいコメントや、稽古場などで頂戴する応援のお言葉のおかげです。

次は1000回目指して頑張って更新して参りますので、どうか今後ともよろしくお願いいたします。

面白写真〜3月〜

久々の面白写真です。

.

.

先ずは一枚目。


ロココ調の家具に統一された店内で、近所のおじさんがスポーツ新聞を読みながら、おばんざいを食べつつ珈琲を飲む。

…という混沌を想像してしまいました。

.

.


とある小学校の近くで。

1、2学期は大丈夫なのでしょうか…。

.

.


京都駅近くにて。コメントが難しいのですが、おそらく魔法のように効くのでしょう。

それならば治療を受けてみたい、と思うのはまさに思うツボですかね…。

.

.


能「車僧」のワキ車僧ならば、禅問答を駆使して「この車はリヤカーではなく火宅の出車なり。また一所不住なれば、このダンボールハウスも仮の宿に過ぎず住居にはあらず」などと理屈をこねてくれそうです。

.

.


ムーミン谷はみんなの心の中にあると思っていましたが、まさか2階にあるとは。

.

.


福袋を開けて鬱袋だった、というのは聞きますが、最近から鬱袋とは。。

しかし千円ならば、いかに救いの無い中身でも痛手は小さいかも。

.

.


最近はJRの券売機などでも、販売機が色々喋って来てすごいと思っておりました。

しかし「対話のある自販機」とは、ついに自販機と言葉を交わす時代になったのか、あるいはまさか自販機同士が会話するのか…⁉︎

と思ったら、大きめの自販機コーナーにベンチと灰皿が置いてあるだけで、煙草を吸いながらおっちゃん達が対話していました。。


今年の上野駅の春パンダは、獺祭を飲みつつお花見でした。

.

.

今回は以上です。

皆さまからの面白写真も、引き続き募集しております!

「もつけ祭り」に遭遇…

昨日は夜から青森稽古でした。

土曜日の青森稽古は初めてだったのですが、18時頃に青森駅に到着すると駅横の広場で何かイベントをやっていて、すごい人だかりです。

近寄ってみると、なんと1月23日のブログで紹介した「男男男祭り(もつけ祭り)」が正に開会するところだったのです。

.

そのブログで「参加するのは遠慮したいですが、遠くから眺める分には面白いかもしれませんね」と書いたら、それが現実になってしまいました。。

そっくり全部が雪で出来たステージには、フンドシやコスプレ姿の「もつけ(愛すべき馬鹿野郎達)」がズラリと並んでいます。


.

.

.

気温は平年よりかなり暖かいとは言え、0℃を少し越えたくらい。

会場の周りには沢山の「ゆきだるま〜る」が並んで暖かそうな光を灯していますが、当然のことながら非常に寒いです。


.

.

.

もつけ達はこれから「雪上綱引き大会」をするようです。

最初の対戦は「津軽海峡フェリーチーム」vs「青森大学剣道部ぽっちゃり侍チーム」。


手前の津軽海峡フェリーチームには「ねぶた」のコスプレをした「ねぶたマン」もいました。

.

.

.


対戦結果はぽっちゃり侍チームの勝利!

.

.

.


次に登場したのがディフェンディングチャンピオンの「チーム新青森駅」。

たしかに一介の駅員さんとは思えない、格闘家のようなもつけ達です。

.

.


対するチームがなんと「チーム青森駅」。

JR身内同士の対決です。しかしチーム青森駅は如何にもJR職員という感じの普通のおじさん達でした。

「行くぜ東北」キャンペーンの宣伝をするあたり、本当に実直なもつけ達です。頑張ってほしいです。

.

.


ちなみに対戦を仕切るのは、「ミスもつけ」という何か矛盾した肩書きのお姉さんです。

.

.

いよいよ対戦開始…!


チーム新青森駅、やはり強い!

チーム青森駅のおじさん達を正に一蹴、僅か数秒で決着してしまいました。

.

.

私はここまで見て、「寒っ!」と思い宿に退散。。


宿で暖まってホッとしていると、どうやら綱引き大会が終了したらしく、盛大な打上花火の音が聞こえて来ました。

.

.

本当に遠くから眺める分にはなかなか面白かった「もつけ祭り」。

企画者も参加者も、地元青森への愛情が実に強く感じられて、それがとても良い印象に繋がっていると思いました。

あとはあの「もつけ」達が風邪をひかないように祈るのみです。。

冬の青森面白イベント

昨日は雪の東京を出て、東北青森の稽古に向かいました。

.

途中郡山の手前で、雪の影響で急に新幹線が停電して車内が暗くなり、止まってしまいました。

何かあるだろうとは予想していたので、慌てず静かに待っていると30分程で復旧し、あとは無事に青森まで行くことが出来ました。

.

青森では、例によってユニークでユーモラスな企画のポスターをいくつか見つけたので、ご紹介したいと思います。


「雪女コンテスト」ポスターは去年も確か写真に撮った記憶があります。

今年は3月3日なので「氷女(ひな)まつり」ですか。寒そうです…。

しかしゲストが全く雪女と関係なさそうですね。。

.

.

.


大きさが一瞬わからなかったのですが、電柱や立木と比べるとこれは巨大なアートです。

これをスノーシューで作って、更に毎日メンテナンスをするとは、実に大変な作業だと思います。

大雪だと埋まってしまい、晴れて気温が上がると溶けてしまうでしょう。

丁度良い天気になってほしいものです。

.

.

.


うわぁなんじゃこりゃ…と思い、撮ろうか迷いながら撮影しました。。

津軽弁で「愛すべきバカ野郎達」を「もつけ」というのですね。

綱引きだけでも少なくとも60人の薄着に地下足袋の「もつけ」が集合するようです。

参加するのは遠慮したいですが、遠くから眺める分には面白いかもしれませんね。

.

.

.


「落城記念」?そして「439年記念」?

謎が多いイベントです。

調べるとどうやら去年は「438年記念」だったらしいので、毎年記念のようですね。

それにしても「落城」は記念すべきことだったのでしょうか…?

そして「やぶこぎ」は、私が林学科の頃にやっていた「藪漕ぎ」ではなく、雪原のラッセルのようなもののようです。

.

.

こうして並べてみると、身体を激しく動かすイベントが多いですね。

雪に閉じ込められて運動不足になりがちなのを、楽しく解消しようという目的なのでしょう。

しかし相変わらず青森の方々の発想は面白いものが多いです。

今後も期待しております。

謎の「鵺ばらい祭り」

今日は伊豆の大仁に稽古に行って参りました。

.

三島から伊豆箱根鉄道に乗ろうとしたら、ホームにこんなポスターが。


「鵺」という文字には瞬時に反応してしまいます。

しかし立ち寄り見れば、「鵺ばらい祭り」には能「鵺」が出たりすることは無いみたいです。。

.

そもそも何故、伊豆長岡で「鵺」なのか?

そして「ご当地キャラ・ぬえ左衛門」とは一体?

.

色々な疑問が渦巻いて来たので、帰りの新幹線で調べてみました。

.

何故伊豆長岡なのかというと、鵺退治をした源三位頼政の奥さんが、伊豆長岡出身の「あやめ御前」という女性であったそうです。

近衛天皇に仕える絶世の美女「あやめ御前」に恋した頼政は、鵺退治の褒美に帝からあやめ御前との結婚を許され、目出度く二人は結ばれたのでした。

しかしその後頼政は、宇治川の合戦で討死してしまいます。

そして頼政の死後、あやめ御前は出家して尼さんになり、生涯頼政の菩提を弔って八十九歳で亡くなったとか。

この辺り、能「鵺」と能「頼政」を繋ぐストーリーのようで興味深いです。

.

この絶世の美女であり貞淑な妻であった「あやめ御前」の故郷の地で、その夫頼政の鵺退治を再現した「鵺ばらい祭り」が始まったそうです。

…なにかやや強引な気もしますが、ある意味では「鵺が取り持った頼政とあやめ御前の縁」とも言えるので、伊豆長岡と鵺の繋がりはわかりました。

.

そして「ぬえ左衛門」とは…!


ぬーん…。

なんと言いますか、予想通り「ユルくなった鵺」そのまんまですね。。

「プロフィールだぬーん」という欄を見ると「年齢40歳くらい」だそうで、妖怪にしては若い方ですかね。

セリフの語尾には「ぬーん」とつけるようです。

笑ったのは、尻尾の蛇も「マサオ」という別の人格(?)があるということです。

何故マサオ…?

.

.

という訳で、調べても何となく謎が深まるような気がする辺りが如何にも「鵺」らしいです。

.

お祭り自体は、地元の中学生達がユーモラスな鵺の着ぐるみを着て、頑張って稽古した「鵺踊り」(かなりハイレベルな踊りらしい)を披露するのがメインのようで、そのような趣旨ならば能「鵺」が関わらなくても良いかなと思いました。

.

今年は仕事があり行けませんが、いつか「鵺ばらい祭り」行ってみたいものです。

面白写真 12月

久しぶりの面白写真です。

なかなか新鮮なネタが見つかりませんでした。

.

.

今回最初は青森で見つけたポスターです。


「横浜」とは、下北半島にある町のことだそうです。

それにしても「なまこエクレア」は気になります。

「なまこストラップ」も、欲しくはないですが見るだけ見たいものです。

しかし、時化でなまこが入荷出来なかったらこの催しはどうなるのでしょう…?

.

.

.

次は仙台にて。


最近はノンアルコールのウイスキーでもあるのかな?と思ったら、違う「水割」でした。

.

.

.

だんだん南下して、次は松本にて。


なかなか丁寧なお店です。

ここは美味しいらしいので、一度行ってみたいです。

飲み過ぎて不採用(出禁)にならないようにしないと。

.

.

逆にぶっきらぼうなお店はこんな感じ。


東京にて。

こういうセンスも決して嫌いではありません。

.

.

.

同じく都内某所にて。


最初は「カニ味噌オーシャン」という名前が謎だと思って撮影したのですが、よく見るとその上の「殻付うずら串焼」の方が謎でした。

そんな事が可能なのか、かえって食べ辛くないのか、もしかして卵でなく、生まれたてでまだ殻を被っている雛を…⁈とか、色々想像してしまいました。

「カニ味噌オーシャン」「殻付うずら串焼」に関する情報をお持ちの方は、是非お知らせくださいませ。

.

.

.

それでは今年最後に、上野動物園で大人気のパンダの赤ちゃんの写真を。

.

.

.

.

.

.

.


…間違えました。。

近所のパチンコ屋さんのやけくそ気味のマスコットでした。

三ノ輪という町のこの独特なユルさも、私はなかなか良いと思うのです。

.

.

.


こちらも本物の香香ではありませんが、上野駅構内にあるクリスマスツリーの一部です。

今年のツリーのテーマが「パンダフルクリスマス」でした。

.

皆さまどうか良いクリスマスを。

雪だるま〜る

昨日の月曜日は青森稽古でした。

.

事前に天気予報を見ると、昨日の青森は最高気温2℃、最低気温−3℃となっていました。

.

−3℃…。これは万全の防寒体制で行かねばと、厚着に手袋やマフラーなどを加えて、東北新幹線に乗り込みました。

.

新青森駅に到着すると、確かに寒いです。しかし予想していたので、それ程驚くことも無く青森市内へ。

.

駅前には其処此処に雪が積もっています。今シーズン初めて積雪を見ました。


雪の前にあるこのオブジェは何かと言うと、雪だるま型の灯篭で、夜には灯りがともるのです。

.

.

.


こんな感じです。

.

これは正式名称「雪だるま〜る」というのです。

ちょっと脱力系の名前ですね。

「ねぶた」と同じ製法の高さ50㎝程のだるまに、地元の小中学生が絵を描いて作ったものだそうです。

毎年冬に点灯されて、今年で7回目だとか。

.

青森の人の発想は、やはり何となく暖かくて皆を笑顔にするものが多い気がして、私はとても好きです。

.


青森港に沿ってずらりと並んでいる雪だるま〜る。なかなか壮観です。

.

昨日はまだ一部しか点灯していませんでしたが、昨シーズンに見た時は本当に綺麗でした。

.

来月の青森稽古の時にはきっと全部点いている筈ですので、また写真を撮りたいと思います。

.

.

そして先ほど、帰りの新青森駅前にて。


こちらはやはり今シーズン初の、本当の「雪だるま」です。

.

横に溶けてしまった大きな雪だるまがあり、もしかしてこの小さな方はシルエットからして「リトルミイ」で、大きなのが「ムーミン」だったのかもしれませんね。

.

.

このブログを始めたばかりの今年1〜2月には、雪の話を度々書きましたが、またその雪の季節が巡って来た訳です。

.

ブログ1周年が何となく見えて来た気がいたします。

.

それでは今日はこの辺で。