試験1カ月前の稽古

今日は昼から江古田稽古でした。

先週は風邪やインフルエンザでお休みの方が多く、今日も心配していました。

.

やはりお2人、風邪とインフルエンザでお休みでしたが、逆に元気になってまた稽古に来られた人も何人かいらっしゃいました。

.

.

3月9日の澤風会に向けて、田町組の方が舞囃子の稽古のためにいらしたりして、19時半頃までノンストップで稽古をしました。

そして今日はその後に、芸大受験を目前にした高校3年生を21時までみっちりと稽古したのです。

.

.

年末までの彼の稽古では、謡や仕舞を途中で一々止めて、細かく直していました。

とにかく謡や型の知識を増やしてもらいたかったのです。

.

しかしこの時期からは少し稽古の方向を変えていこうと思っています。

現在までに身につけたそれらの知識を、試験会場できちんと出し切ることができるようにしてもらいたいのです。

.

.

今日の稽古では、謡本を見ながら謡ってもらい、止めて直す回数を極力減らして最初から最後まで謡い切ることを重視しました。

「謡本を見ながら」というと、試験まで1カ月を切ったこの時期にまだ謡本を見るのか、と思われるかもしれません。

しかし彼には、せっかく頑張って勉強した謡を、出来る限り正確に試験で再現してもらいたいのです。

.

今日までは本を見てとにかく正確に、そして2月になって来週の稽古からは、本を見ずに謡う稽古に入っていきます。

.

少々間違えても一所懸命にやれば良い、という通常の舞台と異なり、正確さと結果が求められる試験会場での舞台です。

私の受験の時の経験などもフル活用して、彼が当日自信を持って試験に臨めるように仕上げの稽古をして参りたいと思います。

週に5日も

国立能楽堂35周年記念公演の能「夜討曽我」が先ほど終了いたしました。

私は後見を勤めました。

.

開演前の楽屋の仕事から、後場の最後の最後まで、色々とやる事が多く気の抜けない後見でしたが、何とか大過なく勤めることが出来ました。

.

.

私は月曜日の「式能」申合から、今日で3日連続で国立能楽堂での仕事でした。

しかし実は今週はこれで終わらないのです。

明日1日空けて、明後日と明々後日にまた国立能楽堂での仕事があります。

.

今度は2月2日土曜日開催の「若手能」という五流総出演の催しです。

宝生流からは宝生和英宗家の能「春日龍神 白頭」が出て、私はその地謡を勤めさせていただきます。

.

.

年に一度くらいしか来ないこともある国立能楽堂で、今週だけで5日も仕事があるというのもまた何かのご縁なのでしょう。

週末の「若手能」も頑張りたいと思います。

1件のコメント

“雪”繋がり

昨夜の松本稽古の後は、信州大学准教授のT氏夫妻と熱燗と絶品おでんの晩御飯を食べました。

T氏夫妻はダウンの上に更にコートの重ね着という完全防寒態勢でした。

.


一方私は普段の東京と同じツイードのジャケットにマフラーのみ、手袋も無しという格好です。

お店を出ると雪が少し舞っていました。

熱燗の酔いが醒めないうちにと素早く宿に戻りました。

.

.

そして今朝早くに宿を出ると、外は非常な寒さで昨夜降った雪がそのまま凍っています。


いつも気温を確認する松本駅前の気温計は…

.

.


マイナス4℃でした。寒い訳です。

.

.

そして8時丁度のあずさ6号で、私は新宿へと旅立ちました。

窓からは雪の田んぼと北アルプスが望めました。

.


.

.

幸いに電車の遅れも無く、11時には千駄ヶ谷の国立能楽堂に到着しました。

明日本番の国立能楽堂30周年記念公演の能「夜討曽我」の申合があったのです。

.

一昨日の名古屋宝生会での「夜討曽我」のメンバーが何人か出演していて、それぞれ全然違う役を演じていたのが面白かったです。

名古屋でシテ曽我五郎をやった人が、今日はそのシテを捕まえる縄取の役をやっていました。

.

.

申合が終わり、今度は上野に向かいました。

仙台稽古に向かう東北新幹線に乗るためです。

.

昼過ぎの東京は松本に比べるととても穏やかな気候です。

上野で昼ごはんを済ませて、「こまち」に乗り込みました。

車窓の風景を見ながら行こうと思っていたのですが、あえなく爆睡…

.

気がつくともう仙台到着のアナウンスが流れていました。

ホームに出ると、幸いに寒さは覚悟していた程ではありませんでした。

.

.

仙台駅から稽古場に行く途中には市場があり、いつも色々見ながら通るのが楽しみです。

今日は大きな”鱈”が目につきました。

.


50㎝を超える大きさの鱈が、一匹700円とか500円で買えるのですね。

鱈は身が雪のように白いことから、魚へんに雪と書くそうです。

.

.

稽古まで少し時間があったので、稽古場近くのビルの展望台に寄りました。

人が少なくて、謡を覚えるのに良い場所なのです。


30階展望台から海の方向を望んで。

夕方の仙台の空は晴れていましたが、どこからか強風に吹かれてきた雪がチラチラと舞っていました。

.

.

松本の雪から仙台の鱈まで、「雪」というキーワードで繋がった今日1日でした。

あとは”十郎”のみ

昨日は新作能「王昭君」が終わった後にすぐ大阪から名古屋に移動して、名古屋宝生会の能「嵐山」と能「夜討曽我」の申合がありました。

そして今日の午後から本番があり、先ほど無事に終了いたしました。

.

私は「夜討曽我」の団三郎を勤めさせていただきました。

「夜討曽我」はいわゆる「人数物」で、五郎、十郎、団三郎、鬼王、古屋、五郎丸、縄取2人、と大勢の役が舞台に登場します。

今回”団三郎”を勤めたことで、私は”十郎”以外の全てのシテとツレの役、また後見、地謡も勤めたことになりました。

.

.

因みにこの1年半の間だけでも、鬼王、五郎、五郎丸、今日の団三郎と4回舞台に立っております。

更に言いますと、明々後日水曜日の夜には千駄ヶ谷の国立能楽堂で辰巳満次郎師がシテの能「夜討曽我」があり、私は副後見を勤めます。

「夜討曽我」の後見はやる事が多く大変なので、心して準備したいと思います。

.

.

こうなると、いつの日か”十郎”を勤めて「夜討曽我」の役をコンプリートしたいものです。

新作能における「演出」の効果

昨日は夕方まで丹波橋で紫明荘組稽古をした後に、電車を何本も乗り継いで大阪南部の高石市に移動しました。

夜に新作能「王昭君」の申合があったのです。

.

そしてそのまま高石市に一泊して、今日「王昭君」の本番の舞台がありました。

.

最初の謡本の読み合わせから始まって、稽古を重ねるごとに徐々に彩りを加えていった「王昭君」。

それがまた昨日の申合を経ての今日の本番にかけて、ダイナミックに進化を遂げてゆく様を目の当たりにしました。

.

本物の丸鏡や琵琶を使った所作、またお囃子方それぞれの技巧を駆使した音や掛け声。

これらの謡本には書かれていない要素によって、舞台の上が日本の貞保親王の邸から、馬の嘶く胡国の草原へ、また王昭君が貞保親王に手ずから琵琶の秘曲「王昭君」を教えるシーンへと鮮やかに変化していきました。

.

「演出」というものの大切さと、その効果の大きさを今回の新作能「王昭君」で強く実感させていただき、非常に勉強になりました。

冬の奥州市へ

今日は水道橋での「五雲会」の後に、東北新幹線で岩手に移動しております。

明日は「岩手未来機構」さんの主催による小学生能楽教室があるのです。

.

場所は「水沢江刺駅」から近い山の中のお寺とのことです。

水沢江刺といえば、私には去年の初夏のことが思い出されます。

.

去年5月終わりの夜能「夜討曽我」シテの後に俄かに喉が枯れてしまい、暫くの間掠れ声が治りませんでした。

その時に松本の「クチーナにし村」さんから蜂蜜をいただいたのです。

.

蜂蜜は喉に良いということで、毎日スプーン一杯舐めながら喉を治しました。

その蜂蜜の産地が「水沢江刺駅」のある奥州市の近辺だったのです。

(詳しくは去年6月4日のブログに書いてあります)

.

今はおそらく雪に閉ざされている奥州市の森林や草原。

去年の春にそこから蜜蜂達が集めてきてくれた蜂蜜は、喉を癒やす効果を越えて「蜂蜜はこんなに豊穣な味がするのか」と、驚くほどの美味しさでした。

.

今回初めて降り立つ「水沢江刺」。

周りの森や山や、今は活動していない蜜蜂達に感謝しながら、明日の能楽教室を頑張りたいと思います。

風邪予防のために

今日は朝から水道橋宝生能楽堂にて「五雲会」の申合があり、私は能「小鍛冶」の地謡を勤めました。

.

私の周りではそろそろ風邪やインフルエンザが流行りだしており、今日も体調不良でお休みの楽師がいました。

.

私は能楽堂や稽古への行き帰りはマスクで風邪予防しています。

しかし、舞台の上は勿論のこと、楽屋や稽古場でもマスクは外さなくてはなりません。

.

これらの場所でもなんとか予防する方法は無いものかと思っていたら、「エアーマスク」というものがあるのを教えてもらいました。

ネームホルダー型の「エアーマスク」を首から下げておくと、屋内の閉じた空間内で自分の周囲を除菌してくれるらしいのです。

.

効果の程度は未知数ですが、早速購入してみました。

今シーズンはこれまで全く風邪の気配も無く健康体を維持しているので、何とか「エアーマスク」の力も借りて、このまま乗り切りたいと思っております。

新春の月並能

今日は水道橋宝生能楽堂にて「月並能」が開催されました。

私は能「国栖白頭」の地謡を勤めました。

.

能の地謡は昨年12月の月並能以来なので、約1カ月ぶりになります。

期間が長めにあいたのと年が改まったのとで、なんだかとても新鮮な気持ちで地謡座に座らせていただきました。

.

以前にも書きましたが、1月の月並能では地謡が”裃”を着用します。

そして舞台の四方の柱の上の方には注連が張り巡らしてあり、いかにも新春らしい清浄な雰囲気でした。

.

この先は五雲会や名古屋宝生会、新作能や国立能楽堂公演などが立て続けに控えており、いよいよエンジン全開モードになって参ります。

謎の部品…

今日は近所の大きなホームセンターに行ってきました。

.

そして色々見繕った結果、下の写真のようなパーツなどを購入いたしました。


まだ未完成なのですが、勿論能に使う何かです。

ちなみにパイプは1本が約二尺強の長さです。

.

.


この部品が今回最大の収穫で、見つけて思わず「うおー、あった〜!」と1人で喜んでしまいました。こういうのを探していたのです。

皆さまには何のことやらわからないと思いますが。。

.

パイプ寸法の微調整や足りないパーツの調達などを明日の田町稽古の前に済ませたら、とりあえずの形は出来上がると思います。

これを使う時が来たら、また皆さまに完成品を披露したいと思います。

以前に「竹生島の船」を稽古用に作ったことがありますが、今回はそれ以来の”作り物”製作になります。

完成が楽しみです…!

.

ちょっと短いですが今日はこれにて。

第6回澤風会東京大会に向けて

今年3月9日に東京渋谷のセルリアンタワー能楽堂にて「第6回 澤風会東京大会」を開催いたします。

その番組作りに年明けから取り掛かりました。

.

今年は昨年と異なり1日だけの会なので、番組の分量はちょっと少なくなります。

しかし今回も舞囃子が10番ほど出る予定で、昨年能を舞われた方も含めて皆様それぞれ新たな境地の曲に取り組んでおられます。

また仕舞でも、例えば高校生達は「船弁慶キリ」や「野守」と言った難易度の高い曲に挑戦します。

.

そして松本の小中学生達も仕舞を舞ってくれる予定です。

「渋谷〜❗️絶対行く〜❤️」

と、なにやら舞台以外の要素で魅かれている節がありますが、勿論しっかり稽古しているので良い仕舞を見せてくれるでしょう。

.

更に京都紫明荘組や松本澤風会から、また京大宝生会の現役とOB会の方々も多数ご参加くださる予定です。

.

この「第6回澤風会東京大会」が良い舞台になるように、これから本番3月9日まで頑張って稽古して参りたいと思います。

また会のことは折に触れて書かせていただきます。