音だけで舞台を知ること

今日は水道橋の月並能にて、能「葵上 梓の出」のツレを無事に勤めさせていただきました。

.

今回のツレは、舞台上ではずっと「ワキ座」に座っており、何度か僅かに向きを変えるだけの動きでした。

.

それ以外の場面では、小面から見える狭い視野の外は当然視ることはできません。

すると、”聴覚”が普段よりも鋭くなって、”摺り足の音”や”装束が擦れる音”で舞台の様子が不思議な程に把握出来ました。

.

能楽師をやっていると、五感うちの特に”視覚”と”触覚”を遮られることが割とよくあり、それは他の感覚を磨くのに良いのだと思います。

また今日の能「葵上」は、お囃子が演奏しない場面が意外に多く、その意味でも”聴覚”が研ぎ澄まされる能だったのかもしれません。

.

皆様も試みに、お囃子の無い静かな場面で敢えて眼を閉じていただき、舞台上の音に集中すると、また違った能が感じられるのかもしれません。

1件のコメント

初めての”照日の巫女”

今日は水道橋宝生能楽堂にて、明後日14日開催の「月並能」申合がありました。

私は能「葵上 梓の出」のツレを勤めさせていただきました。

.

180番ある能の曲のうち、ツレが登場するものは数多くあります。

そして不思議なのですが、何度も同じ曲のツレを勤めることもあれば、何故か全く縁の無いツレもあるのです。

.

能「葵上」は能の中でも上演回数が多い曲で、したがってそのツレも、大抵の人は何度も勤めている役です。

ところが私は過去20数年間にわたり、この「葵上」のツレには全く縁が無く、今回が初めての経験になるのです。

.

このツレは「照日の巫女」という名前で、”梓弓”というアイテムを使って生霊や死霊を呼び出す”霊媒師”です。

曲の冒頭、「照日の巫女」がワキ座で「天清浄 地清浄…」と祝詞を唱え始めると、舞台上に何やら怪しい気配が満ちていく感覚があります。

いつも地謡座でこのツレの謡出しを聴いて、「良いなあ、自分もやってみたいなあ…」と思っておりました。

.

そしてまた曲の途中で、本来ならシテ六条御息所の生霊が謡う筈の謡を、ツレ照日の巫女が謡うシーンがあります。

そこはやはりシテ生霊がツレ霊媒師に憑依して、その霊媒師の口を借りて喋っているというイメージだと思うのです。

.

その辺りを謡でどう表現するか、色々考えながら稽古するのがまた大変に勉強になる役でした。

日曜日の本番を精一杯頑張りたいと思います。

.

月並能は宝生能楽堂にて、

10月14日日曜日 14時始。

能「敦盛」シテ山内崇生

能「葵上 梓の出」シテ野月聡 ツレ澤田宏司

他 です。

.

皆さまどうか月並能にお越しくださいませ。

よろしくお願いいたします。

舞台に漂う”熱気”

日曜日の澤風会京都大会では、今回も舞台上において、出演者の皆様の”熱気”を強く感じました。

.

充分に稽古を重ねた人の本番の舞台では、独特の熱が発散されている気がします。

自らの気力、体力、或いは時間を、相当な割合で能や仕舞や謡に注いで来られた人は、やはり並々ならぬ覚悟で本番に臨まれるのでしょう。

その”気迫”や”気合”というようなものが目に見えない熱になって放射されて、見所や地謡にまで届いていくのだと思います。

.

例えば能「小袖曽我」の十郎五郎兄弟の火を噴くような強い演技。

曽我兄弟の母の愛情を込めた怒りの謡。

初めての舞囃子「玉葛」のシテの、究極の緊張感。

無本の素謡「熊野」に臨む京大宝生会OBOGの若々しい矜持。

小学生ながら物怖じせずにクールに舞台を勤めた男の子の弾けるような自信。

などなど…

.

それぞれ種類は異なりますが、今回の澤風会の全ての舞台には”熱気”が漂っていました。

.

.

私の仕事は、ある視点から見ると「誰かの潜在的なパワーを、稽古によって”熱の込もった舞や謡”に変換して、それを舞台上で発散させるためのお手伝いをする」

とも言えるかもしれません。

そしてその熱気の発散を澤風会の舞台で味わうのが、私にとっては無上の幸せなのです。

.

また次の舞台に向けて、皆様のパワーをいただきながら稽古して参りたいと思います。

会員の皆様どうかよろしくお願いいたします。

第13回澤風会京都大会無事終了いたしました

本日おかげさまで第13回澤風会京都大会が無事に終了いたしました。

.

終了後の宴会で、澤風会の舞台で頑張られた皆さまと楽しくお話ししたのですが、早速「次の謡は○○をお願いします!」

とか、「次の仕舞は△△でそれが終わったら次は××でお願いします!」

などと言って来られる方がいらして嬉しく思いました。

.

ただ、今夜の私の記憶は明朝まで保たない恐れが大なので、また次の稽古からぼちぼち再スタートさせていただければと思います。

.

本日お世話になりました全ての皆様に心より御礼申し上げます。

今回もどうもありがとうございました。

今日は七宝会、明日は澤風会

今日は香里能楽堂にて、「七宝会」に出演して参りました。

.

朝四条烏丸の宿を出ると、粒の小さな雨がサッと降ってはまた止むのを繰り返しています。

空は灰色の雲と、その合間から青空が覗くという不思議なまだら模様。

空気は湿気をたっぷりと含んでムッと暑い感じです。

.

この天候は、沖縄でよく体感したものと同じです。

やはり台風25号が熱帯の空気を連れて来たのでしょう。

.

そして香里能楽堂で午前中に能「班女」の申合が終わる頃には、雨が上がって今度は強烈な陽射しが差して来ました。

気温が上昇してまるで夏に逆戻りしたようです。

.

.

その暑さの中、舞囃子「熊坂」の地謡を謡い、能「班女」の後見を勤め、さらに能「舎利」の地謡も謡いました。

「熊坂」と「舎利」はどちらもパワーが重要な”体育会系”の曲です。

ゴリゴリと力一杯謡ったら、何かスポーツをした後のように疲労してしまいました。。

.

.

今日は早めに休んで、明日はいよいよ「第13回澤風会京都大会」です。


大江能楽堂にて午前11時始曲です。

能「小袖曽我」、舞囃子「忠度」「玉葛」「草紙洗」を始め素謡、仕舞など盛りだくさんの番組です。

ギリギリまで頑張って稽古して参りました。

その成果を思う存分発揮していただきたいと思います。

皆さまどうか応援にいらしてくださいませ。

よろしくお願いいたします。

“秋”のつく食べ物

昨日は大江能楽堂をお借りしての稽古の後に、夜は芦屋で稽古いたしました。

.

21時頃に終えて京都の宿に戻るともう22時半を過ぎていました。

まさに空腹のピークです。

.

烏丸錦西入ルの目当てのお店に急ぎました。

ビールと枝豆を頼んで、改めてゆっくりメニューを見ると秋の食べ物が沢山並んでいます。

とりあえず”秋刀魚の炙り”と”秋茄子の揚げ出し”を注文。

.


秋刀魚が驚きの美味しさで、至福の時間を過ごしました。

.

その季節の名前がついた食べ物を食べると、何か季節そのものを味わったような幸せな気持ちになります。

.

充分に秋の栄養をいただいて、今日はまた昼間に澤風会の能「小袖曽我」と舞囃子「玉葛」などの仕上げの稽古をいたしました。

そして夜には香里能楽堂にて、明日開催の「七宝会」の申合があり、能「舎利」の地謡を頑張って参りました。

.

今は全部無事に終わって帰りの京阪電車です。

またもや腹ペコなので、今日もどこかで秋の食べ物を味わいたいと思っております。

大江能楽堂での稽古

今日はまた朝早く東京を出て、京都に向かいました。

.

澤風会京都大会の本番がいよいよ明々後日になり、今日は大江能楽堂をお借りしての稽古だったのです。

.

.

大江能楽堂はその昔私が京大宝生会に入部した直後に、京都においての初舞台を踏んだ能楽堂です。

当時から非常に風格のある黒光りした舞台でしたが、今年はなんと築110周年を迎えられるそうです。

.

舞台の大小前から正先までのラインが、110年間の摺り足によって削れて白くなっています。

同様に、角と常座も円形に白く浮き上がって見えます。

.

実はこれが学生や会員さんにとってはとても良い目印になるのです。

.

.

「舞囃子で最初に立ち上がったら、シテ柱を目指して運んで行って、白くなっている線上に来たら掛けて前を向いてください。」

とか、

「角取りは、ちゃんと角の白い部分の真ん中に行ってからやってください。」

と言った風に注意出来るので、こちらも何かと稽古しやすい舞台なのです。

.

.

全くの仮の計算なのですが、1日に平均30回大小前から正先まで摺り足をしたとすると、110年間ではなんと120万回になります。

気の遠くなるような数の人々が、正しい道筋を摺り足で運んだ結果出来た”白いライン”なのです。

.

これもまた先人達からの「この線上を運べ」という一種のメッセージと捉えることができるかもしれません。

舞台上で正しい場所を使って舞うということの意味を、大江能楽堂の舞台は我々に教えてくれている気がします。

.

.

今日の稽古も充実した内容で無事に終わりました。

あとは本番です。

歴史ある大江能楽堂の舞台で、思い切って稽古の成果を発揮していただきたいと思います。

暑さがおさまったので…

昨日は朝松本を出て、そのまま伊豆に稽古に行く予定でした。

松本の宿を出ると涼しくて爽やかな空気です。

「今年の暑かった夏もようやく過ぎて行ったか…」と感慨深く思いました。

.

特急まで少しだけ時間があったので、澤風会までに行かなければと思っていた床屋さんに立ち寄りました。

.

床屋さんを出てちょうど特急に間に合って、やれやれと一息。

次は甲府で降りて身延線の急行に乗る筈が、車内で「身延線は台風による土砂流入と倒木で終日運休です」と言われてしまいました。。

仕方なく八王子まで出て、八高線で新横浜へ。

更に新幹線で三島に行って伊豆箱根鉄道に乗り換え、という遥々とした旅の末に、何とか稽古場に行く事が出来ました。

.

夜に三ノ輪に帰ってから、日曜日に迫った澤風会京都大会の準備を深夜までして、今日は昼から夜まで西荻窪稽古でした。

.

.

最近予定がなにかと立て込んでいて、何故こんな無理目な予定にしたのだろう…と若干後悔しておりました。

しかし思い返してみると、これはよくよく考えての計画的なことだったのです。

.

冒頭で昨日松本の空気が涼しくて過ごしやすかったと書きました。

8月頃に9月以降の予定を考えた時、忙しそうな仕事は夏が終わって涼しくなった9月下旬以降に集中して頑張ろうと計画していたのです。

.

もしも先週からのバタバタした予定を、今夏の猛暑の中でこなしていたら、何処かで倒れていたかもしれません。

今は涼しくなって夜も寝苦しくないので、体力の回復も早い気がします。

.

良く人に言うのですが、私は暑い夏の間は全ての機能が30%ほど減退してしまうのです。

逆に涼しくなると体力気力が3割増しになるので、ここから一層頑張って舞台や稽古に励んで参りたいと思っております。

また台風が…

今日は名古屋能楽堂にて開催された、「和久荘太郎演能空間」の舞台に出演して参りました。

.

能「天鼓 盤渉」を始め、家元の仕舞「熊坂」や満次郎師の独吟「西浜八景」など盛りだくさんの内容でした。

.

生憎台風24号が近づいており、主催の和久さんはさぞかし神経をすり減らす思いをされたことと思います。

しかし、舞台は気合いの入った素晴らしいものでした。

.

京大宝生会からも何人か観に来る予定と聞いていましたが、台風で来れないかも…と心配しておりました。

しかし流石というかやはりというか、全員が予定通り観に来ていました。

舞台終了時点で名古屋から出る電車が軒並み運休している中、彼らはどうやって帰るのでしょうか…。

.

かく言う私も新幹線が運休で東京に帰るのが絶望的だったのですが、何とか車で名古屋を脱出しました。

途中強い横風が吹き付けてきましたが、何とか無事に21時過ぎに東京に到着いたしました。

.

今年は本当に何度も何度も台風に苦しめられます。

今回の台風の被害が出来るだけ少ないことを祈るばかりです。

ランナーズ・ハイ

昔高校の時に、陸上部の中長距離をやっておりました。

放課後の練習で遠くの公園まで”アップ”と称するジョギングをする時。

走り始めは、まだ身体が暖まっておらずにすぐに息切れをしてしまいました。

しかし、数分走っていると不思議に気持ちが高揚して来て、「ようし、今日ももっと走り込むぞ!」と前向きな気持ちになったものです。

.

後日それは”ランナーズハイ”と言って、科学的に検証されている現象だと知りました。

.

そして時は流れて、本日香里能楽堂にて開催された「京阪神巽会」でのお話です。

番組の関係で、私は午前中から午後にかけてしばらくの間、切れ目なくずっと舞台で地謡を謡っておりました。

.

最初の1時間が経過した頃には、「足が痺れて立てないかも…」と思い、次の1時間では「もう無理!足が痛くて座れん〜!」と若干泣きそうになりました。

しかし、その後の時間帯になると不思議なことが起きました。

.

「足、なんだか痛くなくなって来た。」

「頭がクリアになって来て、まだまだいくらでも謡える気がする…!」

と、何故かとても前向きな気持ちになって来てしまったのです。

.

まだ誰も実験実証はしていない筈なのですが、”ランナーズハイ”と同様に”謡・ハイ”というのも存在すると思われます。

今日は”謡・ハイ”のおかげで何とか京阪神巽会を無事に謡終えることができました。

明日はまた名古屋での和久荘太郎さんの演能空間で”謡・ハイ”になるくらい頑張って謡って参りたいと思います。