秋を満喫

昨日の午後に大山崎から松本へ電車で移動しましたが、名古屋から松本まで乗った中央西線の沿線では紅葉が見頃を迎えていました。

.

木曽福島辺りの山はこんな景色でした。


能「江口」のクセに”黄葉の秋の夕、黄纐纈の林、色を含むといへども…”という謡がありますが、このような情景かと思いました。

.

ちなみに特急しなのは、新幹線と違ってのんびり走るので撮影もしやすいのです。

オレンジや黄色に燃えるような山々の合間を縫って走る、2時間の紅葉列車の旅でした。

.

.

松本市内もやはり紅葉真っ盛りで、四柱神社の境内は絢爛たる彩りでした。


お城の前の通りから見た境内の遠景。

.

.


境内にて。黄昏刻の弱まる光に抵抗するように、強烈な赤。

.

.


ちょっと渋めの赤。

.

.


赤、黄、緑のバランスを保った共演。

.

.

昨日の午後の数時間で、実にバリエーションに富んだ紅葉を堪能いたしました。

.

因みに松本稽古の後は、鶏きのこ鍋と熱燗で味覚においても秋を満喫したのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です